小室圭さん「英国紙で糾弾」「留学終了?」 海外でも居場所なしに? 帰国も現実味かの画像1

 昨年からアメリカに留学中で、年末年始も帰国しなかった秋篠宮家の長女眞子さまのご婚約「予定」相手の小室圭さん。何も動きがないまま、新年を迎えてしまった。

 小室さんはといえば米国では「セレブ留学生活」を送っていると何度となく報じられてきたが、「NEWSポストセブン」がそれも終わるのでは、と報じている。

 報道によれば、英国の格式高い日刊紙『タイムズ』で「日本の皇后陛下が“ナイーヴ”な眞子内親王のロマンスに終止符を打つ」という内容の記事を掲載したという。これまでもこうした報道はあったが、今回はゴシップ紙などとは違い、海外での認識にも大きな影響を及ぼす可能性もあるとか。そもそも皇后陛下のお名前が出る時点でただ事ではない。

 この報道によって、皇室の中心人物であられる美智子さまが小室さんを眞子さまのお相手として「認めておられない」ということが海外でも広まる可能性は大となった。

 そうなれば、これまで「プリンセスのフィアンセ」だったから得られていた学費免除等の待遇にも疑問符がつく。これまでの待遇が「皇室利用」と認識されても仕方がない状況に近づくということだ。

 小室さんとしては弁護士資格を得るまではこのまま、というのが本音だったろうが、どうやらそうもいかなさそうである。仮に留学が中止となれば、今度こそ日本に帰って誠意を尽くすのだろうか。

小室圭さん「英国紙で糾弾」「留学終了?」 海外でも居場所なしに? 帰国も現実味かのページです。エンタMEGAは、社会・事件の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!