どんな弁明が聞かれるのか。

 1月13日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウン・松本人志がNGT48・山口真帆の暴行事件の流れで指原莉乃に対して放った「お得意の体を使って、何とかすれば」のセクハラ発言が波紋を広げている。

 その後、指原が「松本さんが干されますように」とツイッターで騒動をいじると、松本は「指原様~」とリツイート。当事者同士はネタにしているようだが、小島慶子が「なにこの地獄。こんなのもうやめようよほんとに。時代の流れ見えてなさすぎだよ」と語るなど、ネット上では松本が集中砲火を浴びる事態となっている。

 それにしても、同番組は生放送ではなく収録番組であったため、発言をカットすることもできたはず。それがスルーされたのはいったいなぜなのか。テレビ関係者は語る。

「松本の際どい発言は番組の見どころの一つ。そのため、番組スタッフは松本に忖度してカットできなかったのでしょう。しかし、松本のほうも“本当にアウトな発言”はスタッフがちゃんとカットしてくれると信頼していた。その意味では今回の一件でスタッフへの信頼は崩壊。今後は松本の発言がおとなしくなってしまう懸念があります。松本に忖度したことで優良コンテンツが潰れるとなれば笑い話にもなりません」

 松本は不用意な発言によって、ハラスメント事件などに斬り込む資格を失ってしまったようだ。

松本人志とスタッフの信頼関係崩壊で『ワイドナショー』フツーの番組に?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!