松本、アウト~!

 NGT48・山口真帆への暴行騒動は収束に向かうどころか、憶測のまま加害者の実名が拡散するなど、「カオス」な状況となっている。

 この件はさまざまな番組で取り上げられているが、出演者らはいずれも深刻な面持ちで、慎重に言葉を選びながらコメントしていた。

 そんななか、1月13日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でダウンタウンの・松本人志の失言に視聴者が唖然。大炎上する事態となっている。

「番組には、HKT48・指原莉乃が出演し、NGT48の運営を断罪。再発防止策や山口の個人情報をバラまいたメンバーへの対処、マネージャーの人数が足りていないこと、そもそも誰が仕切っているのかわからない、などと問題点を指摘していました」(テレビ誌ライター)

 ところが、熱く語る指原に松本は芸人魂がうずいたのか、「現場の人間が若すぎる。もっとハゲを置いたら」と茶化し始める。さらに、隣にいた古市憲寿から運営のトップに立てばという提案を受けた指原が難色を示すと、松本は「でもそれは(指原)お得意のカラダを使ってなんかするとか…」ととんでもないセクハラ発言を放ったのだ。

「スタジオは凍り付き、指原も『何を言ってるんですか。ヤバ…』とドン引き。MCの東野幸治が『すみません指原さん。これは本当にヤバいですね…』とフォローするも、松本は『違うよ。それだけ指原への期待が大きいってことやから』と意味不明の言い訳をする始末。笑いをとりにいったのでしょうが、完全にスベっていました」(前出・テレビ誌ライター)

 しかし、ネット上はたちまち炎上。「冗談のつもりだとしても、こういう一言に女性蔑視の姿勢があからさまに出ている」「海外なら重大なハラスメント発言として即テレビから追放されるレベルの発言」「指原が枕をしてるってこと?松本は何か知ってんだな」「これただのオヤジのセクハラだよな…」と批判の嵐となっている。

 政治家なら辞職を迫られるような案件だが、大御所の松本は何を言ってもセーフになりそう。せめて、指原に尻を叩かれるくらいはするべきだった?

松本人志、NGT48問題を語る指原莉乃への「ありえないセクハラ発言」で大炎上!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!