「純烈」友井雄亮を「競馬狂い」にさせたのはリーダー酒井!? 「1700万円使い込み」の原点に驚愕の画像1

「純烈」公式サイト

 

 年明け、交際女性へのDVなどが明らかになり、脱退、芸能界引退を発表した「純烈」の友井雄亮。

 夢の『紅白出場』が実現した矢先、大スキャンダルだけに、そのインパクトは絶大だった。そんな中注目されるのが友井の「金の使い込み」だが、ギャンブル、主に「競馬」にかなり突っ込んでいたようだ。

『週刊文春』(文藝春秋)の記事によれば、交際女性の貯金を1700万円も使い込んだ友井。銀行の記帳にはネット購入のためにJRAの印字だらけだったようだ。あまりにものめり込みが強かったようだが、それを女性の金でやっていたのだから笑えない。競馬は100円から購入できるのだが……。

 また、もともと「純烈」は競馬とは縁深い。

 リーダーの酒井一圭も相当な「競馬通」で知られ、競馬予想家として媒体に数多く出演。『netkeiba.com』のインタビューでは、2008年のジャパンCダートで酒井がカネヒキリという馬(当時は競馬を知らない)を、当時競馬を知らなかった友井にオススメ。結果的に48万円もの払い戻しを受けたと語っている。その後「純烈」を結成したとか……。

 競馬に翻弄された印象もある友井。明日はあるのか。

「純烈」友井雄亮を「競馬狂い」にさせたのはリーダー酒井!? 「1700万円使い込み」の原点に驚愕のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!