NHKの桑子真帆アナウンサーに独立説が飛び交い始めているという。

 桑子アナといえば、看板報道番組『ニュースウオッチ9』のキャスターを務め、2年連続で紅白歌合戦の総合司会を務めた同局の絶対的エース。昨年の『紅白』では、白組Vに「紅組に優勝旗が渡されます」と言い間違えたハプニングはあったものの、胸元の開いたシャンパンゴールドのドレスで“大人の色気”を見せつけた。

 そんな桑子アナには「3月独立説」が囁かれている。

「一部メディアによれば、上司との折り合いが悪く、仕事のやり方に対し常に不満があったといいます。2年連続の紅白司会は、裏を返せばNHKでは“上がり”ということ。フリーになった際の所属先も『ブラタモリ』で共演したタモリの事務所だと具体的な情報も流れています」(芸能記者)

 桑子アナがフリーになれば、民放各局の番組が争奪戦を繰り広げることは間違いないが、とりわけ熱心なのがフジテレビだという。

「もっか、フジの最大の課題は秋元優里アナの竹林不倫や登坂淳一のセクハラ騒動で傷がついた報道番組の立て直しです。NHKを独立した有働由美子に対しても当初、1本あたり150万円以上の高額ギャラを提示。それに加えて3億円の移籍金を用意してまでオファーしていたが、獲得に失敗した経緯があります。全国区の人気アナを何が何でも獲得しようと、すでに水面下では有働の時以上の条件で猛烈オファーを繰り返しているといいます」(テレビ関係者)

 平成最後の『紅白』総合司会という“金看板”を引っ提げて、いよいよ民放に殴り込みか⁉

NHK桑子真帆アナが3月独立!?「フジ報道」が有働以上のギャラで猛烈オファーのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!