このまま消えてしまう…そんな不安に怯えるのも当然の状況だ。

 タレントの鈴木奈々が1月5日放送の『訳あって…東京に住むのヤメました』(日本テレビ系)に出演。芸能界から「逃げ出したいです」と語ったことが話題を呼んでいる。

「現在は茨城に住み、東京で仕事をする鈴木は『最近ちょっと逃げ出したくて』と告白。その理由について『丸山桂里奈さんが売れてきて』『ちょっとキャラがかぶって…だから私の仕事がなくなりました』と声を震わせて打ち明けていました。今にも泣きそうな様子から、深刻に悩んでいるようですね」(テレビ誌ライター)

 鈴木といえば、2015年に「テレビ番組出演タイトル本数ランキング」で1位を獲得するもその後は下降線。一方の丸山は2018年には番組出演本数を前年の34本から198本にまで増加させ、「2018ブレイクタレント」3位と大躍進している。

「ネット上では『鈴木奈々のほうが可愛いから好き』との声もありますが、丸山は既婚者の鈴木より圧倒的にNGがなく、パンチもあり、バラエティで共演してもキャラが食われてしまっているのは確か。丸山にはサッカーがありますし、鈴木も家事や料理など何か新しい武器を持たないと差が広がるかもしれません」(テレビ関係者)

 さらに、このところ鈴木を脅かすキャラかぶりタレントは急増中だ。

「以前には藤田ニコルをライバル視していましたが、すでに追い抜かれてしまっている。ほかにも元℃-uteの岡井千聖も“ルックスのいい明るいおバカキャラ”として定着。また、“ウザいキャラ”でも今年は元AKB48の西野未姫がブレイクしそうなだけに、鈴木はますます仕事を失いそうな状況です。もっとも、鈴木も小森純の席に座ってブレイクしましたから、芸能界では次々とライバルが登場するのは当たり前のことですが」(前出・テレビ関係者)

「芸能界ヤメました」とならなければいいが…。

鈴木奈々が芸能界から消える? 丸山桂里奈とキャラかぶりで仕事が消滅?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!