NGT48の山口真帆が男性に襲われたことを配信およびツイッターで告白。しかも、その男性はNGTメンバーとの繋がりがあるらしく、メンバーが暴行を指示したというから驚きだ。さらに運営はこれを揉み消したことも暴露し、衝撃が走っている。

「山口が明かしたところによれば、自宅の部屋に入りドアを閉めようとしたところ、手が出てできてこじ開けてきた。男に顔を掴まれた彼女は、『殺される』と思って必死に抵抗。すると、今度は別のメンバーが住んでいる部屋からもう一人の男が現れ、彼女の口を塞いできた。彼女は信じられるメンバーに助けを求め警察沙汰になったといいます。しかも、逮捕された犯人の口から次々とメンバーの名前が出てきたといい、メンバーが暴行に関わっていたことは『事実』だと明かしています。この間、彼女は係わったメンバーの一斉処分を待っていたものの、運営がメンバーを解雇せずに隠蔽しようとしたことで、告発に踏み切ったようです」(アイドル誌ライター)

 山口は昨年末には激やせが報じられており、直前の握手会を体調不良で欠席。その際、「笑って普通にアイドルができなくなった」と語ったため、多くのファンから「何かあったのでは?」心配の声が上がっていた。

 アイドル界を揺るがす衝撃的なニュースだが……。前出のアイドル誌ライターが言う。

「山口は16年に配信を行った際、べッドに寝転びながら、自身が撮った写真集について、メロディをつけながら連呼。画面には山口の顔しか映っていなかったものの、トーク以外に聞こえる人の息遣いの音量を大きくし、編集した動画などアップされるなど、誰かと一緒にいたのではないかということが話題になりました。本人や運営はその疑惑を否定していました」

 山口本人は相当な覚悟で公表したはず。暴行が事実で、そこにメンバーが係っていたのであれば処罰されるのは当然だろう。運営の正式発表が待たれるところだ。

NGT48・山口真帆が決意の内部告発!「メンバーの指示で2人の男に襲われた」のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!