レスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里が8日、現役引退を発表。

 吉田は自身のTwitterで「いつも吉田沙保里を応援していただきありがとうございます。 この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました。 ここまで長い間、現役選手として頑張ってこれたのも沢山の方々の応援とサポートのおかげです。 みなさん、本当にありがとうございました」と報告。そして「また後日、改めてみなさんの前で引退のご報告と感謝の気持ちをお伝えしたいと思います」と語った。

 吉田は世界選手権13連覇、五輪3連覇、16年のリオデジャネイロ五輪でも銀メダルとまさしく「霊長類最強女子」。12年には国民栄誉賞を受賞している。伊調馨と並んで女子レスリングの第一人者として有名だ。

 直接的には伊調馨選手界隈だが、昨年は至学館大学前監督・栄和人氏がパワハラを告発され大騒動になった。栄氏といえば、2010年に至学館大学にも近い新築マンションを購入し、その隣の部屋を購入したのが吉田という話も。絆は相当に強かったことがうかがえる。

 栄氏のトラブルが、今回の引退にも影響したのだろうか。吉田が今後何を語るのかにも注目が集まる。

吉田沙保里引退。「栄和人氏パワハラ問題」の影響も? 五輪3連覇、世界選手権13連覇など偉業多数だがのページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!