あの“噂”はやはり本当だった?

 12月27日、お笑いコンビ千鳥の冠特番『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)が放送され、ネット上ではノブに対して「すげぇ!」「かっこいい」「漢だ」といった驚きと賛辞が贈られた。

 この日は「買い物千鳥」と題し、プライベートで本当に欲しい物をショッピング。表参道でアウターを購入した大悟に続いて、ノブが希望したのはクルマ。妻が買い物や子供のスイミングなどの送り迎えに必要とのことで、「運転しやすく小回りの効くお手頃な値段のファミリーカー」を探すことに。中古車センターでは、ノブが18歳の時に人生で初めて買ったというカローラワゴンと再会したほか、スーパーカーが並ぶ高級ディーラーでは、約2000万円のフェラーリを体験。しかし、大悟に購入するか聞かれたノブの答えは、いずれも「買いま…せん」。そして夜になった頃、メルセデスベンツを見たノブの目に止まったのが2台のベンツだった。

「候補としてキープとなったのは322万円のファミリータイプのAクラス。そして、ノブが一目惚れしたのが、1142万円もするEクラスカブリオレ。確かにカッコいいのは間違いありませんが、こちらはオープンカーでファミリーカーというリクエストにはそぐわない。にもかかわらず、ノブは『買いま…す』とほぼ即決。その瞬間、大悟やスタッフは全員無言となり、むしろドン引きされていました。本人は大満足でしたが、妻からは『なんでなん!』と8回キレられたそうです(笑)」(前出・テレビ誌ライター)

 1000万円の高級車を即決で買ったノブに視聴者も仰天したようだが、気になるのがノブの懐事情だ。

「千鳥といえば、7月に発売された『女性自身』がタレントの“ギャラリスト”を報じた際、コンビの年契のギャラがイチローと同等の1億円で9位にランクイン。『有吉ゼミ』(日本テレビ系)でこの件をツッコまれたノブは『1個下が9000万で菅田将暉クン。菅田に2億出すよ!それやったら』と笑いを誘いながら否定していましたが、今回の買い物を見たらあながち外れていなかったのかもしれません」(芸能記者)

『Indeed』『ファブリーズ』『スマートニュース』など、ノブをCMで見ない日はないが、株式会社エム・データが発表した「2018年上半期TV-CMタレントランキング」ではコンビも合わせると3892回(60510秒)で男性タレント12位となっている。“田舎者“を売りに素朴で親しみやすいキャラだったノブだが、イメージがだいぶ変わってしまったかも?

千鳥ノブ「CM1本1億円」&1142万のベンツ即買いで庶民キャラ崩壊!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!