「顔も名前も知らない人のことを話題にされても…」「誰に匂わせたかったのか?」「他の関係無い芸人にも飛び火して迷惑だろ!」と、絵に描いたようなブーメランを食らったのはモデルのJOY。

 騒動の発端は、JOYが12月15日に「後輩の某芸人とはもう縁切り。ここまで人にイライラさせられたのは初」とツイートしたこと。芸人の名前が明かされなかったことで、ネット上ではさまざまな名前が挙がり、風評被害は拡大する一方となっていた。

 しかし、その実名は意外なところであっさり発覚したという。

「“候補”として名前が取り沙汰されていた若手コンビ『EXIT』の兼近大樹は、26日のイベントで『俺らじゃない』と完全否定。その勢いで『イージー蓮見でしょ』と“真犯人”を明かしてしまったのです。同席していた『キングコング』梶原雄太も『言っちゃったよ』と慌てていましたから、おそらく間違いないのでしょう」(芸能記者)

 その『イージー蓮見』は、ZOZOの前澤友作社長をモノマネして『小前澤友作』とも名乗っているが、世間的にはまったくの無名。そのため、ネット上ではJOYに対するブーイングが連打され、フルボッコ状態となっている。

「JOYもモデルとしての人気は下降気味、そして相手はそもそも誰にも知られていない芸人とあって、完全に“炎上商法&売名”扱いされています。暴露したところで『誰?』となる相手なら、わざわざツイッターで言う必要もありませんし、名前も知らない人に怒っているのなら、一般人と同じレベル。もっとも、本人はここまで騒がれるとは思っていなかったでしょうが…」(前出・芸能記者)

 結果、JOYが株を下げてこの話題は終了と相成ったようだ。

JOYの“縁切り芸人”がイージー蓮見?と特定されるも「炎上商法&売名」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!