来年1月スタートの相席スタートの山崎ケイによるエッセイが原作の日本テレビ系ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』が放送前から炎上し、『人生が楽しくなる幸せの法則』に改題となった。

 だが、この動きが「まったくフォローになっていない」と話題だ。ネット上では「これって明らかなブスに気休めで『ブスじゃないよ』って言ってるようなもので、より残酷だと思う」「ケイちゃんの自虐ネタが面白かったのに、変に配慮しすぎでは」「むしろ『鬼越トマホーク』のネタを彷彿とさせる」といった声が聞かれる。

 鬼越トマホークのネタとは、千原ジュニア司会の『ざっくりハイボール』(テレビ東京系)から生まれたもの。若手芸人の鬼越の喧嘩を先輩芸人が止めに入ると、的を得た一言で返されるもの。ジャルジャルに対しては「シュールを盾に営業客から逃げるな」といった、玄人顔負けのアドバイスが知られる。当初はスキンヘッドの坂井良多の一言のみだったが、のちに相方の金ちゃんが「フォローになっていない一言でさらに追い込む」スタイルが定着した。『ちょうどいいブスのススメ』の場合もまさにそのパターンに当てはまるだろう。

「『人生が楽しくなる幸せの法則』は木曜の深夜ドラマとして放送が予定されています。ターゲットは独身のOL層でしょう。山崎本人も『ちょうどいいブスの神様』役で出演するなど、メタ的な構造を持ったサブカル的なドラマとして予定されていたのでしょうが、ここまで炎上してしまっては自由な番組作りはできないでしょう。現在は脚本の大幅な書き換えが行われているとみられます」(同)

 さらに山崎のスマートなキャラはほかの女芸人と違って「大声で開き直る」「ブチ切れる」といった展開にできない。まさに「芸人殺し」的な展開になってしまったといえるだろう。
(文=相川ナロウ)

ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』総叩きで改題も、フォローになっていない?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!