人気アイドルグループ・乃木坂46が、23日に放送されたトーク番組『おしゃれイズム Xマス1時間SP』(日本テレビ系)にゲスト出演。今年いかに売れたかを示すために『年間写真集ランキング』(オリコン調べ)のフリップが用意されたが、グループの勢いだけでなく女優・石田ゆり子の孤軍奮闘ぶりも際立つことになった。

 先月30日に発表された同ランキングでは、累計売上げ約30.7万部でトップに立った乃木坂46のオフショット写真集『乃木撮 VOL.01』(講談社)をはじめ、坂道グループ(乃木坂46・欅坂46)の作品がTOP10中9作ランクイン。そんな中、石田のフォトエッセイ『Lily ―日々のカケラ―』(文藝春秋)が3位に入る快挙を達成し、ネット上でも称賛の声が飛び交った。

「同ランキングでは乃木坂46メンバー5名のソロ写真集がランクイン。圧倒的な活躍ぶりを示しているのですが、フリップを見た瞬間、MCの上田晋也(くりぃむしちゅー)はまず、『石田ゆり子さん、すげーな。中華街で一軒だけトルコ料理やってますみたいなさ』と驚嘆し、乃木坂46の面々も驚きの表情で拍手を送っていました。石田は2016年10月期に放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)において、独身生活を謳歌する主人公の叔母“百合ちゃん”役を演じ、新たな人気を獲得。その役柄そのままのようなキャラクターが垣間見える文章と、いつまでも若々しいルックスとが同世代の憧れとなり、爆発的なセールスに結びついているようですね」(芸能関係者)

 今月20日のインスタ投稿では、作品発売前に「ちゃんと売れるのか?」と不安だったことや、エッセイがメインだったため、「写真集というジャンルに入っているのが私としては不思議」と書き込んだ石田。しかし結果的にバカ売れとなり、「今度は写真メインの作品リリースを」と要望する声も高まっている。

「石田は来年の10月で50歳の誕生日を迎えるということで、ファンの間ではメモリアル作品の発表を期待する声もあるようですね。今年の10月、32歳頃に撮ったという花柄のワンピースを着用した写真をインスタ投稿した際には、『細い…。若い…。なんですかこのぺったんこのお腹は!!』と自虐的なコメントを書き込んでいましたが、ネット上では、『最近撮った写真かと思った』『変わったのは髪型ぐらいでは?』などと、美魔女ぶりを絶賛する声が殺到。写真メインの作品でも十分なセールスを見込めると、出版業界からも注目を集めているようです」(同)

 ピラティスを12年続けるなど、美を磨くことに余念がない石田。坂道グループの写真集のリリースラッシュが続き、ランキングを席捲する中、オトナの女性の魅力を伝える旗手としてさらなる活躍を期待したい。

石田ゆり子の“中華街で一軒だけトルコ料理”状態に乃木坂46も驚嘆 メモリアル写真集リリースに期待の声ものページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!