所属事務所は改めて“後釜”の育成を急ぐ決意をしたことだろう。

 7月に結婚した桐谷美玲と三浦翔平が12月23日に都内のホテルで披露宴を行った。式では桐谷がキャスターを務めていた『NEWS ZERO』(日本テレビ系)をモチーフに2人が出演したVTRが流れ、駆け付けた200人の共演者や芸能関係者らが祝福した。

「2人は、約1年半の交際をへて今年7月にゴールイン。今月16日には、ハワイで近親者だけで挙式していました。さらに年末年始は、新婚旅行でモルディブに向かうそうです。結婚後、桐谷は仕事をセーブしており、とりわけ拘束時間の長い女優業についてはやりたくないと話しているようです」(芸能記者)

 桐谷が所属するスウィートパワーといえば、黒木メイサ、堀北真希、桐谷と看板女優が結婚するたびに大打撃を受けてきた。そのため、今後は男性タレント路線にシフトチェンジしていくという。

「(スイートパワーの系列事務所スパイスパワー所属の)高杉真宙やドラマ『中学聖日記』(TBS系)でデビューした岡田健史を猛プッシュしていくようです。とりわけ、高杉は映画『ギャングース』『虹色デイズ』『世界でいちばん長い写真』など、2018年だけでも多数の作品で主演を務め、若手筆頭株と呼ぶにふさわしい実力派俳優となってきている。2019年も『十二人の死にたい子どもたち』『笑顔の向こうに』『賭ケグルイ』など出演映画の公開が決まっています。これまでは所属女優とジャニーズタレントの共演が多かった同事務所ですが、今後はイケメン枠を争うライバルとなっていくかもしれません」(芸能関係者)

 高杉が稼ぎ頭となってくれれば、桐谷も安心して結婚生活を楽しむことができそうだ。

桐谷美玲、結婚で「女優はコリゴリ」? 所属事務所は高杉真宙で「打倒ジャニーズ」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!