人気アイドルグループ・乃木坂46の“なーちゃん”こと西野七瀬が、22日発売の青年誌「週刊プレイボーイ」(集英社)の表紙&特集ページに登場。結婚について発言し、ファンを不安な気持ちにさせてしまった。

 年内でグループ活動を終了し、来年2月に卒業コンサートの開催を予定している西野。同誌では今回、卒業記念としてグラビアを含め全18ページにわたる特集が組まれた。

「乃木坂46のメンバーとして登場するのはラストとなった今回、西野は、『結婚式の前日のデート』というテーマでグラビアに臨みました。それにちなんでインタビューでは結婚について訊かれ、『17歳から23歳までは「結婚なんて絶対に無理!」って思ってました』と発言。誰にも邪魔されない独り暮らしの自由さが心地よかったためとのことですが、24歳となった今では、『20代のうちには結婚したいな』と考えが変わったとのことで、『まさか卒業はそのため?』『すでにお相手がいるとか?』などと、戦々恐々となるファンが続出したようですね」(芸能関係者)

 今年1月に放送されたソロ初主演ドラマ『電影少女 ~VIDEO GIRL AI 2018~』」(テレビ東京系)では、野村周平演じる男子高生・弄内翔との、まるで新婚のような同棲生活ぶりがファンの間で嫉妬の嵐を呼んだが、同ドラマの特別編が来月18日に放送されることが決定したため、西野ファンの心が再び荒れ模様となっている。

「同ドラマで西野が演じたのは、翔の叔父・洋太(戸次重幸)が所有する古びたビデオテープの世界から飛び出して来た“ビデオガール”こと天野アイ役でした。レギュラーシーズンでは、翔と2人きりで3カ月の共同生活を送る様子が描かれたのですが、翔のために慣れない家事に奮闘したり、イチャつく姿はまるで新妻のよう。放送前に公式Twitter上にアップされた写真において、距離感が近いことからすでに高まっていた野村への西野ファンの嫉妬心が、放送開始と同時に爆発するカタチとなってしまったようです。特別編にも野村は出演するとのことで、再びネット上が荒れることになるかもしれませんね」(同)

「週プレ」のインタビューでは、同ドラマにおいて演技の難しさを知り、向上心が芽生えたことが卒業を決断するひとつのきっかけになったと語った西野。約1年ぶりのアイ役で成長を見せることができるか。野村との絡みも含めて注目だ。

乃木坂46・西野七瀬、「結婚なんて絶対無理!」からの変心にファン戦々恐々……野村周平への嫉妬の嵐再び?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!