高橋真麻

 25日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)において、フリーアナウンサーの高橋真麻が結婚を生報告した。高橋は22日にかねてより交際していた一歳年上の会社員と入籍し、24日にブログで報告していた。

 番組では高橋による夫の手描き似顔絵が公開されたほか、結婚に至るまでの経緯も語られた。高橋は相手との交際歴は5年ほどになるが、結婚について迷う部分もあったようだ。

 その理由としては「独身キャラでお仕事をいただいていたので結婚するのが怖かった」「芸人さんがブサイクいじりとか、おっぱい(巨乳)いじりとかをしてくれたが人妻にブスとか言えないじゃないですか。芸人さんが気安くツッコんでイジってくれるのが心地よかったので」と話し、結婚することで今後のタレント活動に問題があると考えていたと話した。

 さらに高橋は結婚するならば「大安の月曜日」と決めていたが「12月24日は仏滅だった。もう37歳で、(クリスマス)イブ婚も恥ずかしいので、22日にした。日曜祝日と続いたのであまりバレることなく『スッキリ』さんで報告できた」と話し、レギュラー番組の曜日に合わせて婚姻届を出したことも明らかにした。

 MCを務めるハリセンボンの近藤春菜からは「結婚するとイジられなくなるのが怖いっていうけど、そういうのも全然OK?」と確認されれると「いろいろイジってもらいたい」と話し、アカペラで岩崎宏美の「シンデレラ・ハネムーン」を披露し、スタジオを沸かせた。

 これを受けネット上では「高橋真麻、テレビのことしっかり考えているんだな。何もかも完璧じゃん」「そこいらの女芸人よりよっぽどメンタル強いんじゃないの?」と絶賛の声が聞かれる。今後も彼女の高感度は上昇してゆきそうだ。
(文=相川ナロウ)

高橋真麻の結婚報告が「メンタル強すぎ」!? “プロ意識”に絶賛の声多数のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!