12月16日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)に振付師のTAKAHIROが出演し、ジャニーズグループ「A.B.C-Z」を絶賛。関ジャニ∞メンバーもベタ褒めしており、「こんなに取り上げてもらえて嬉しすぎる!」「関ジャニメンバーにも評価してもらえて本当に良かった」とファンを喜ばせている。

 この日の放送では「なぜカッコ良い? フォーメーションダンス」をテーマに、TAKAHIROや4人組ダンスパフォーマンスグループ「s**t kingz(シットキングス)」がスタジオに登場。欅坂46などのフォーメーションダンスについて、パフォーマンス映像を見ながら振り付けの構成や意図などを解説した。

 A.B.C-Zのダンスパフォーマンスで注目されたのは、アクロバットを活かしたフォーメーション。「Rock with U」のPVを参考にしながら、飛び込み前転やバク転を取り入れたフォーメーションを説明していく流れに。また複雑な陣形や立ち位置のなかで、それぞれのメンバーに割り当てられた役割りについてもTAKAHIROは詳細に明かしている。とりわけ高度な技となったのが、側宙をしているように見せかけたフォーメーション。ダンス中に前列メンバーに隠れながら塚田僚一が仰向けになり、側宙に挑む橋本良亮を足で蹴り上げてサポートするという大技だ。

「側宙シーンではサポートしていることが気づかれないよう、五関晃一がジャンプして視線を逸らせる計算も含まれていました。こうしたパフォーマンスにスタジオでは、あちこちから『すごい』『面白い!』という驚きの声が。関ジャニ∞の村上信五は、『A.B.C-Zの良いところを引き出していただいてありがとうございます』とTAKAHIROに感謝。TAKAHIROが『すっごいグループなんですよ』と力説すると、村上も『身体能力が本当に高いですからね!』と断言しています」(芸能ライター)

 A.B.C-Zへの賛辞が飛び交った今回の特集に、ファンは「村上くんの言う通りグループの魅力を引き出してくるTAKAHIROさんには感謝しかない」「関ジャニ∞にも褒めてもらえるんだよ? やっぱりすごいグループなんだ」「A.B.C-Zってほかのグループに比べて目立ってはいないけど、ちゃんと評価してくれる人がいて幸せ」と大喜び。A.B.C-Zといえば、もともとダンス能力を買われたグループであり、デビュー時にジャニー喜多川社長へある直訴をしたとして有名だ。

「A.B.C-Zは2012年にデビューを飾っていますが、CDではなくジャニーズ事務所初のDVDデビューとなりました。これはメンバーの『パフォーマンスを見てほしい』という思いから実現したもの。“音”ではなく“映像”でその魅力を知ってほしいと、メンバー全員で喜多川社長に直訴したとされています」(同)

 高いパフォーマンス能力を持つA.B.C-Z。次に彼らのステージを見るときは、ダンスに込められた思いにも注目しよう!

村上信五「身体能力が本当に高い」 関ジャニ∞&振付師が大絶賛する、A.B.C-Zの圧巻パフォーマンスのページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!