「実家は大阪城」はネタじゃない?

『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の終了後、酒を飲んでいたとろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智が配信動画内で審査員である上沼恵美子を激しく罵った件で、吉本興業がすぐさま謝罪したのを始め、松本人志、今田耕司、博多大吉ら所属芸人たちも平身低頭。改めて関西での「女帝」ぶりがクローズアップされている。

「“関西のオバチャン”たちの上沼に対する支持は絶大です。実際、関東では『M-1』の平均視聴率が17.8%、最高視聴率22.3%だったのに対して、関西では平均が28.2%、最高が37.6%とかなりの開きがある。審査員に上沼がいるのが大きな要因になっているのは間違いありません。久保田らの暴言とは別に『審査員引退』をなんとか翻意させようと、関係者は頭を悩ませていますよ」(業界関係者)

 吉本芸人が上沼に頭が上がらないのは、関西の人気番組『快傑えみちゃんねる』(カンテレ)の影響が大きいという。

「同番組は、若手芸人の登竜門的存在となっており、最もその恩恵を授かっているのが吉本芸人です。上沼から出演NGを食らえば、吉本としては大打撃。以前には、上沼に失礼な挨拶をした若手芸人が、番組中に一言も発言する機会を与えられず、名前すら紹介されなかったこともあったそうです。今回の騒動に上沼は大激怒していたそうですが、同番組の1000回スペシャルに松本が主演することで“手打ち”となるようです」(前出・業界関係者)

 もはや「女帝」という言葉でも足りない支配力。これからは「城主」と呼んだほうが良さそうだ。

上沼恵美子は「女帝」を超えた「城主」!? 吉本も逆らえない関西テレビ界の支配のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!