井口資仁「ゲス不倫離婚隠蔽工作」がヤバイ!? 「人格者キャラ」どこへの画像1

 

 千葉ロッテマリーンズの監督を務める井口資仁監督の「不倫と再婚劇」が報じられた。

 詳細は「週刊文春」(文藝春秋)をご覧いただきたいが、井口はすでに3年前に前妻と離婚。今年年下の女性と再婚していたようだ。

 前妻と入籍してから約20年。今回の報道に衝撃の声は少なくない。

 プロ入り前からそのルックスも相まって女性人気が高かった井口。だが『昨年の引退試合でも前妻を呼び、家族のように振る舞わせた』など、なかなかえぐい「本性」も明らかになっている。イメージを守りたかったのだろうか……。

 後輩たちから「野球人、人間として尊敬をしている」という声がやまない人格者のイメージが強い井口。

 過去の報道では 『実るほど頭を垂れる稲穂かな』を座右の銘にしていたという。成功している時こそ謙虚に、という句だが「野球のみ」有効だったのだろうか……。

井口資仁「ゲス不倫離婚隠蔽工作」がヤバイ!? 「人格者キャラ」どこへのページです。エンタMEGAは、スポーツの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!