とろサーモン久保田かずのぶ「創価学会」でも居場所なし? 広告塔として期待も侮辱発言で終了かの画像1

 

『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)の審査員・上沼恵美子を配信動画内で批判・侮辱したとして、世間からバッシングを受けているとろサーモンの久保田かずのぶと、スーパーマラドーナの武智。

 酒に酔った勢いで罵声を浴びせ、武智は上沼を「更年期」と侮辱する発言。その印象はあまりにも悪く、今後の仕事への影響は小さくはないはずだ。先輩芸人が次々に謝罪するという異例の状況にもなっている。

 特に久保田は、もともとクズエピソードも多く、そういったキャラクターで売っていた側面もある。今回の件にも「そういうやつ」と驚かない意見もある。

 ただ、「あの団体」は別だろう。以前『週刊新潮』(新潮社)で、とろサーモンが『創価学会員である』と報じられた。昨年の『M-1』優勝で、新たな広告塔としての活躍が期待されているという内容だった。相方の村田秀亮から熱心に誘われて、久保田も入信したようだが……。

 そんな人物が『泥酔暴言』とは、イメージの面ではまさに最悪。もともと「過激なキャラが創価学会としてどうなんだ」という声はあった。

 今回の件で、「学会員久保田」としての立場にも大きなダメージがありそうである。

とろサーモン久保田かずのぶ「創価学会」でも居場所なし? 広告塔として期待も侮辱発言で終了かのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!