降って沸いたブームに本人も驚いているようだ。

 11月28日に放送された音楽特番『ベストアーティスト2018』(日本テレビ系)に嶋大輔が登場、AKB48のメンバーとのコラボで80年代のヒットソング『男の勲章』を熱唱した。

「同曲は、ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の主題歌に採用され、主演の賀来賢人と伊藤健太郎のボーカル、清野菜名と橋本環奈のコーラスでカバー。ドラマが視聴率10%超えのヒットとなったことで、本家の嶋にもスポットが当たっています。学園祭への出演オファーが殺到しているほか、地方イベントの出演依頼が引きも切らないようですね」(芸能記者)

 嶋といえば、かつてはヤンキー俳優として人気を博したが、2013年4月に芸能界を引退。「教育やいじめ問題に取り組みたいと思い、法案を作れる国会議員になりたい」と記者会見で政界転身を表明し、夏の参院選に出馬の意向を示した。しかし、直前で自民党の公認が取り消され出馬を断念している。

「出馬断念後、前所属事務所社長から2000万円の借金返済の請求訴訟を起こされ、東京地裁からほぼ全額の支払いを命じられました。嶋は返済のため、自宅を売却。家族4人で2DKの賃貸マンションに引っ越し、車や高級時計も売り払った。2015年に芸能界に復帰した際には、『のこのこ戻ってきやがって、なにが男の勲章だよ』と言う人も大勢いたとか。くしくも、来年7月には参議院選挙が行われます。今の人気ぶりなら、今度は公認をもらって当選することも夢ではないかもしれませんね」(スポーツ紙デスク)

「男の勲章」を手にする絶好の追い風だけに、嶋も再チャレンジを検討しているのではないだろうか。

『今日から俺は!!』効果で“本家”嶋大輔が再注目、来年参議院選は当確?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!