ファンとしては“喜びも半分”の放送だった?

 11月28日に放送された『ベストアーティスト2018』(日本テレビ系)にKing & Prince(キンプリ)が出演。デビューシングル『シンデレラガール』を披露した。

「キンプリが生歌だったことにファンは感激していたようですね。ジャニーズグループでは、歌唱力の高いNEWSや音楽を売りにする関ジャニ∞が基本的に生歌なのに対し、嵐や山下智久は口パクなことが多い。『下手でもいいから生歌が聴きたい』のがファン心理ですから、ネット上では『生歌で偉い』『ますます好きになった』との声が飛び交っています。また、パニック障害のため活動を休止しているメンバー岩橋玄樹の場所を空けてパフォーマンスをしたことにもファンは感激したようです」(芸能記者)

 一方で、ファンを困惑させていたのが、番組冒頭で披露したセカンドシングル『Memorial』の演出だったという。前出の芸能記者が続ける。

「今年大ヒットした映画『カメラを止めるな!』の監督や出演者とのコラボ企画ということでしたが、メンバーは誰一人として映画を観ておらず、視聴者も“なぜキンプリと?”と首をかしげたようです。さらに歌が始まってからも、手持ちカメラを用いた映画の中の演出でそのまま撮影され、途中、何度も演者が割り込んだり、監督がキンプリの輪の中に入っていったりという流れだったため、ネット上ではジャニーズファンから『普通に見たいのにカメラが動きまくって酔うんだけど!』『キンプリのダンスはちゃんと足咲まで見せて!』『いったい誰トクなの?』などと、批判が連打されています」

 もちろん、『カメラを止めるな!』チームに罪はなく、日テレの演出に従っただけで叩かれるのは気の毒としか言いようがない。

「『カメ止め』とキンプリはファン層がそもそもまったく違うし、あれがキンプリメンバーやファンにとってそれがベストな見せ方だったのか、『カメ止め』の功績を称える場所がこの音楽番組なのかは疑問が残りますね」(テレビ関係者)

 日テレはせめて映画を観たアーティストとのコラボにするべきだったかもしれない。

キンプリ『ベストアーティスト2018』出演でファンが『カメ止め』酔いに!?のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!