手越祐也と増田貴久がそろって髪色をチェンジ! 相変わらずの仲良しぶりにファン悶絶の画像1

左:手越祐也、右:増田貴久

 11月28日放送の音楽特番『ベストアーティスト2018』(日本テレビ系)で、NEWSが6月リリースの楽曲「BLUE」を披露。テーマカラーである青色がステージに溢れ返るいっぽうで、ファンの目線は手越祐也と増田貴久の“髪の色”にも向けられていたようだ。

 3時間にわたる生放送特番の終盤で、NEWSの手越・増田・小山慶一郎・加藤シゲアキは青系統のロングコートをまとってトークステージに登場した。司会の嵐・櫻井翔の隣に立った手越が短いトークを交わし、4人はパフォーマンスステージへ。すべての照明が青色に統一され、3,000人の観客とともにタオルを振りかざす演出で会場は大きな盛り上がりを見せた。

 今回の出演でファンが注目した「テゴマス」コンビの髪色は、手越が金髪に増田が赤髪。2人のトレードマークとなっているヘアカラーだが、気になるのは15日に放送された『ベストヒット歌謡祭2018』(日本テレビ系)での2人の髪色だ。このときは手越がアッシュヘア、増田が茶髪で出演している。

「『ベストヒット歌謡祭2018』と『ベストアーティスト2018』は、どちらも生放送番組。つまり2人は15日から28日の間に、そろってヘアカラーを戻したことになります。手越と増田のテゴマスコンビといえば、テレビやライブステージで絶妙な掛け合いを見せることでも有名。もちろん髪色を戻す時期が重なったのは“たまたま”かもしれませんが、それにしてもファンにとっては嬉しい偶然なのではないでしょうか」(芸能ライター)

 テゴマスコンビの仲良しぶりに、ファンは「手越くんが金に戻したらまっすーも赤に戻すとかどんだけ仲良いのよwww」「髪色だけで胸をくすぐってくるとかテゴマスほんと尊いわ」「髪色戻す時期まで一緒ってなんなの? 可愛すぎじゃない?」と大盛り上がり。2人のコンビネーションを評価しているのはファンだけでなく、世界的指揮者・西本智実も手越と増田の行動を称賛したひとり。2016年7月に行われたNEWSの東京ドームコンサートを振り返り、その詳細をブログで明かしている。

「西本は演奏を務めるオーケストラ指揮のためコンサートに登場しました。ところが音と指揮のタイミングを合わせるためのイヤホンが耳に合わず、本番で何度も外れてしまうトラブルが。すると両サイドにいた手越と増田が西本に近づいて、声を集めるように歌い始めたそう。その行動がなければ歌とオーケストラが完全にずれていたという西本は、『二人の咄嗟の判断力に感動と感謝!』と綴っています」(同)

 意思疎通のとれたテゴマスのコンビネーションは、これからもファンを魅了してくれそうだ。

手越祐也と増田貴久がそろって髪色をチェンジ! 相変わらずの仲良しぶりにファン悶絶のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!