NHK大河ドラマ『西郷どん』で西郷隆盛の盟友・大久保利通役を演じる俳優の瑛太。人気と実力を兼ね備えた役者であるが、今週発売の「週刊新潮」(新潮社)が、彼の再度の「やらかし」疑惑を報じている。

 瑛太は東京・恵比寿の会員制ラウンジで『西郷どん』の関係者たちとお酒を飲んでいたとか。だが、その関係者との会話で瑛太がぶち切れ。「表に出ろ!」とキレたとのこと。とりわけ暴行事件などにはならなかったようだが……。

「酒癖の悪さ」ではとにかく有名な瑛太。カラオケで店員がジョッキを割ってしまったことに激高し暴行をした、という話まである「飲むと武闘派」の厄介なタイプだ。

 とりわけ騒がれたのが、今年4月、関ジャニ∞錦戸亮への「殴打事件」だ。錦戸が瑛太をからかったことで暴力沙汰に発展。馬乗りで「ボコボコ」という有様だったとか。優しいイメージの瑛太とは思えない蛮行である。

 続けざまのぶち切れ事件だが、今回に関しては所属事務所が「事実はない」「そっくりさん情報」と否定とか。

 舞台は同じ「恵比寿」「会員制ラウンジ」。本当に別人?

瑛太「錦戸亮ボコボコ」再び? ラウンジでブチギレ疑惑、事務所否定も「シチュエーション」同じ過ぎのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!