ジャニーズの人気グループ『King&Prince』(キンプリ)に、初の冠バラエティ番組の話が浮上しているようだ。

 キンプリといえば、メンバーの平野紫耀が主演する映画『ういらぶ。』が11月に公開され、初週末の興行収入は3位と好調な出足を見せているという。また、『NHK紅白歌合戦』でも大方の予想どおり初出場が決まり、お茶の間認知度がさらにアップすることは間違いない。

 ドラマ、映画、歌番組などではすでに大活躍。となれば、ジャニーズ事務所やテレビ各局が「次はバラエティ」と考えていても不思議ではない。テレビ関係者が明かす。

「ジャニーズはキンプリの“育成”を日本テレビに任せることにしたようです。これまでジャニーズはキー局の中ではフジテレビと蜜月関係を築いてきました。フジのほうも当然、キンプリの番組は大歓迎。『SMAP×SMAP』が放送されていた枠で、関テレと共に企画を持ち込んでいたといいます。ところが、数字の取れなくなったフジに見切りをつけて、日テレが選ばれたようです。プライム帯で4月スタートで話がすすんでいると聞いています」

 とりわけ、平野の天然発言は「滝沢カレン級」と評されるほど。出演したバラエティ番組では必ず爪痕を残すため、ファンからは「10割バッター」との異名を付けられている。
「11月7日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した平野は、『電柱を見るとパンチがしたくなり、それで骨折した』『5円チョコと勘違いして、ずっと5円玉を食べていたため、レントゲンで5円玉が見つかった』との幼少期のエピソードを披露。また別の番組では、会いたい人を聞かれて『マサイ族』、座右の銘は『みずがめ座』とトンデモ発言していたことが明かされています」(テレビ誌ライター)

 キンプリのバラエティ番組、なかなか破壊力のあるものになりそうだ。

キンプリ初の冠バラエティ番組企画が進行中!? 平野紫耀も天然発言し放題にのページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!