11月21日放送の『ナカイの窓』(日本テレビ系)に、俳優・松田龍平が出演。映画・ドラマではなかなか見せない素の笑顔を見せ、「こんなに笑ってるところ初めて見た!」とファンを喜ばせている。

 この日は現在放送中のドラマ『獣になれない私たち』(同)から、松田のほか女優・新垣結衣や水田伸生監督もゲストとして登場。また水田作品に参加経験のあるハリセンボン・近藤春菜もトークに参戦し、イジられ役としてスタジオの笑いを誘った。

 水田作品に出演した際の演技を求められ、近藤はメガネを外してスタンバイ。飛び降りを図る場面で「来ないで!」と迫真の演技を見せたが、残念ながらイマイチな反応に終わってしまう。慌てて「どうします? コレ」と演技を止めた近藤の姿に、松田と新垣は耐えきれずに笑顔を見せる。

“私がスゴイと思う役者”というテーマでは、女優・芦田愛菜の話題に。ドラマで見せた泣きの演技が紹介され、スタジオは感動に包まれる。すると芦田に扮したお笑いタレント・やしろ優の登場となったが、クオリティの低さにMC・中居正広は「流れ悪いぞ」「よく出てきたな」とチクリ。しかし松田にはツボだったようで、やしろの過剰なモノマネに体を揺らして笑うほどだった。

「今回の放送は『獣になれない私たち』とのコラボ回とあって、トークではドラマの貴重な裏話が続出。そのなかで新垣は、松田が見せる独特な“間”の演技について絶賛しました。しかし松田は至ってマイペースな雰囲気で、『今回は本当に芝居できないですね。かわいいなと思っちゃって』とあっさり本音を披露。『自分の本当の気持ちと役がぶつかってる』と語る松田に、中居は『どこと戦ってんだよ』とツッコミを入れています」(芸能ライター)

 そんな松田の姿に、ファンは「今回は神回確定ですね」「あまり笑ってるイメージがないから笑顔の可愛さがハンパない」「松田龍平の笑った表情に癒しを感じるの私だけ?」と大盛り上がり。“演技派”と称賛されている松田だけに、時おり見せるお茶目な一面がファンの心をくすぐったようだ。

「松田はドラマ『カルテット』(TBS系)に出演していた2017年1月に、共演者の松たか子とのツーショットをインスタグラムに投稿。ドレスアップした松とは対照的に、触覚つき宇宙人の全身タイツ姿を披露しています。サングラスもかけていたため誰か分からないような変装ぶりで、奇抜な格好にファンから驚きの声が上がっていました」(同)

 演技とは違う“素の表情”でもファンを魅了する松田。どこかミステリアスな雰囲気を漂わせているだけに、素顔を覗かせる貴重な瞬間を見逃さないようにしよう。

松田龍平の貴重な表情? モノマネで爆笑する姿に「可愛さがハンパない」とファン歓喜のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!