人気バラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)のやらせ疑惑を『週刊文春』が報じ、世間を騒がせている。

 元来、バラエティーの世界では、その多くが“演出”という名のもとで、仕込み、やらせ、でっち上げが横行し、半ば「常識」となっている。

「『イッテQ!』報道についても、梅沢富美男などが『バラエティーなんだから』と文春を批判しています。しかし、今回の場合は他国の文化を捏造していますからその批判は当たらない。ほかのバラエティー番組も過剰な演出を控える流れになるかもしれません」(週刊誌記者)

 一方、ネット上では「文春に調査してほしい」と、他の“アヤシイ”人気バラエティー番組リストが作られているという。

「多く聞かれるのが、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)です。特にやらせの目が向けられているのが、素人が色々とドッキリにかけられる際のリアクション。明らかにドッキリとわかるシチュエーションなのに、ワーワーキャーキャー騒ぐ反応に違和感を抱く人も多く、事前打ち合わせ疑惑が囁かれています」(テレビ誌ライター)

 過剰すぎる演出にもやらせのニオイがつきまとう。

「雨上がり決死隊がMCを務める『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の人気企画『運動音痴芸人』は、かなりやり過ぎでしょう。運動が苦手な芸人が集まり、スポーツをするというものなのですが、運動音痴のレベルも『そこまでいくか?』と疑いたくなるようなものも多いです。芸人も笑いを取りたいのでしょうが、視聴者は過剰演出を楽しめる層と、寒いと感じる層に分かれるかもしれません」(芸能ライター)

 一方、“仕込み”疑惑を読んでいるのが、深夜の人気番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)。

「インタビューする素人の答えに毎回爆笑させられますが、本当に当人たちが考えているのかは疑問符がつきます。また、過去の名物キャラが“偶然”登場することなども多く、いわゆる“仕込み”はしているでしょうね。ユルさが売りの番組ですから、そこに目くじらを立てる必要はないと思いますが」(前出・テレビ誌ライター)

 他人に迷惑がかかっていない範囲であれば、バラエティーは番組側の「演出」を楽しむのが正解のようだ。

『イッテQ!』のヤラセ、『モニタリング』『アメトーーク』『月曜から夜ふかし』は?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!