アイドルグループ・HKT48の“さっしー”こと指原莉乃が、11日に放送された情報バラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。今月3日、女優の橋本環奈が出演予定だった立教大学・学園祭イベントが、予想を上回る客が殺到したため中止になった騒動について言及した際、プロデュースを務める声優アイドルグループ・=LOVE(イコールラブ・通称イコラブ)への愛情あふれる発言をして話題を集めた。

 イコラブは、指原プロデュース、専門学校「代々木アニメーション学院」のバックアップによって2017年に発足され、同年9月にメジャーデビューシングル「=LOVE」(SACRA MUSIC)をリリース。以降、アイドル、声優、舞台と様々なフィールドで活躍し、先月17日には4thシングル「Want you! Want you!」(同)を発表した。

「指原自身は学園祭に出演した経験がないものの、AKB48グループはゲストとして招かれる機会が多いため、警備の手薄さや飲酒によってテンションが上がった客が野次を飛ばし、メンバーを傷つけるといった情報を把握しているようですね。そのため、イコラブが学園祭出演のオファーを受けた際には、飲酒した学生を絶対に会場入りさせないなどの約束事を主催者側と取り決めたことを明かしました。橋本の騒動後にイコラブの学園祭出演があったようですが、トラブルもなく無事に済んだとのことで、『現役アイドルがプロデュースするからこその温情だね』『アイドルとしてもプロデューサーとしても最高』などと絶賛する声が相次いだようです」(芸能関係者)

 指原の愛情を受け着実に成長を続けるイコラブだが、メンバーの齊藤なぎさがライブ中にファンによって撮影された写真が、今年6月に“奇跡の一枚”としてネット上で話題になったこともあり、業界内では本格ブレーク間近と予想されている。

「“奇跡の一枚”といえば、13年当時、福岡のご当地アイドルユニット・Rev. from DVLに所属していた橋本が、ライブ中にファンによって撮影された画像がネット上で拡散し、“1000年に1人のアイドル”として大ブレークするきっかけとなりました。今年6月にTwitter上で拡散された齊藤の写真は、ビジュアルレベルの高さやパフォーマンス中の躍動感が、橋本の奇跡のショットを彷彿させると話題になったようですね。その齊藤は今月9日、『ナツヨゾラ』という作品で映画初出演&主演を飾ることが決定したと発表され、今後イコラブに本格ブレークをもたらす活躍が期待されています」(同)

 指原は12日、自身のTwitter上において、イコラブの姉妹グループのオーディション開催が決定したことを告知。自身が所属するAKB48グループや、そのライバル的なポジションに位置する乃木坂46ら坂道グループに匹敵する巨大グループへ育て上げることができるか、注目度は高まるばかりだ。

指原莉乃、“橋本環奈・学園祭騒動”への言及で絶賛の声 「奇跡の一枚」効果で=LOVEのブレーク間近?のページです。エンタMEGAは、エンタメアイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!