早見あかりのワガママ・エピソードに坂上忍がマジ切れ!? ももクロ時代のスケジュール帳が闇過ぎると話題の画像1

フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

 女優の早見あかりが、9日に放送されたトークバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気コーナー「本音でハシゴ酒」に出演。3回のプロポーズを断った末、今年7月に婚約した相手男性に対するワガママ・エピソードが明かされ、「意外な素顔」「美人でもこれはキツイかも」などとネット上をザワつかせた。

 同コーナーは、MCを務めるダウンタウンと坂上忍が居酒屋をハシゴし、その店で待つゲストとトークするスタイルで進行。冒頭、早見が「全然イケメンじゃない」と謙遜して披露した婚約者の写真が、実際にその通りだったため、坂上は「ある意味、好感度高い」と好印象をもった様子だったが、その後フィアンセから明かされた早見のワガママ・エピソードに表情が一変した。

「婚約者いわく早見は、休みの日にデートの約束をしていても『眠いと当日の約束を白紙にする』らしく、一方で彼の方が寝坊をすると、『怒り散らして、その後無視する』と証言。これを聞いた坂上は、『やられて頭に来ることを、なんであなたはやっていいわけ? あなたは何様だって話』と、早見に真顔で問い詰めたため、『割と本気でキレてないか?』と視聴者が騒然としました。ただ、早見はワガママぶりを自覚しているらしく、婚約者も早見との交際について『全く無理はしてない』とゾッコンの様子のため、『ベストパートナーなんだね』『お幸せにどうぞ』などと祝福する声が集ったようです」(芸能関係者)

 その後、早見が2008年から11年まで在籍したアイドルグループ・ももいろクローバー(現・ももいろクローバーZ)時代の闇深いエピソードを語った際には、余計に現在の幸せを祝う声が寄せられた。

「性格的にアイドルには向いていなかったと当時のことを振り返った早見ですが、相当なストレスを感じ、精神的に追い詰められていたようですね。家でモノを投げるなど大暴れしたものの、『その当時の記憶がない』と発言しました。さらに、1台のワゴン車で“ドサ回り”していたという駆け出しの頃のスケジュール帳には、『つかれた』や『もーいや』というグチしか書かれていなかったため、『アイドルの闇は深い』『女優業へ上手くシフトできて良かった』などと反響を呼んだようです」(同)

 当時の握手会では、ファンに対する“アイドルとしての正解”がわかりつつも相手が求める言葉を言いたくない「ひねくれ者」だった自身に対し、他のメンバーは計算ではなくナチュラルな応対をしていたため、「余計に辛かった」と語った早見。適材適所、それぞれの個性に合ったフィールドで今後も活躍していくことを期待したい。

早見あかりのワガママ・エピソードに坂上忍がマジ切れ!? ももクロ時代のスケジュール帳が闇過ぎると話題のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!