「放牧」という名の充電をしていたバンド・いきものがかりが、11月3日から活動を再開することがわかった。2日の『AVALON~事件です!いきものがかり集牧(しゅうぼく)宣言~』(J-WAVE)で正式発表されるとのこと。

 いきものがかりは吉岡聖恵、水野良樹、山下穂尊の3人バンド。一時期はJ-POPシーンを牽引する存在だったが、1年10カ月前に「放牧」していた。ネット上ではこの報道に「嬉しいニュース」「またいきものがかりの曲が聴ける」など喜びの声が多数寄せられている。

「放牧」の際には、ギャラ配分や不仲説、音楽性の違いなどさまざまな憶測も流れ「このまま解散」の声まで出たしかし、今年3月には吉岡が「好きな音楽が一緒だからこそ、一緒にやっている」「メンバーとは連絡を取り合っている」と回答し、憶測を打ち消した。

 2016年の『おしゃれイズム』(日本テレビ)で、水野さんが「プライベートでは、ぜんぜん仲よくないんです」と告白するなど「そこまで仲良しではない」ことはファンも知っていたこと。今回の「集牧」は、今後も3人がビジネスをしていこうとする意志の表れか。

 とはいえ、先月24日に吉岡のソロカバーアルバム『うたいろ』がリリースされたが、まったく話題にもなっておらず。「吉岡の価値はいきものがかりだからこそだった」ということが明確にわかってしまった印象だ。水野も別のアーティストに楽曲提供をしていたが、それも知っている人は少ないだろう。

 今回の活動再開は、ソロとしての活動にそれぞれが限界を感じたから、という意見も浮上している。

いきものがかり「個々の限界露呈」で「集牧」決意? ソロアルバム「話題性ゼロ」楽曲提供「知名度ゼロ」で限界?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!