23日、ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)の公式サイト上に、11月1日放送予定の第4話にゲスト出演する“ぱるる”こと女優の島崎遥香のコメントがアップされた。主演・米倉涼子についての感想を語った島崎だが、その興奮ぶりにファンは衝撃を受けた様子だ。

 米倉と共演するのは今回が初めてという島崎。生で見た米倉評を、「私、あんまり『ハッ!』ってならないんですけど、初めて米倉さんを見たときに『ハッ! 芸能人ってこういう人のことを言うんだ!』って! もう顔が(両手でこぶし大の円を作りながら)こんなに小さくて、脚もすっごく細くて、胸がすごくあって!!」と、“興奮度MAX”で語ったとのことだ。

「島崎はさらに、『撮影初日にすぐ親にも電話して、「なんか……すごかった!」って報告した』と語るなど、一般人が初めてナマの芸能人に接した時のようなはしゃぎぶりだったようです。しかし、島崎はAKB48在籍時、美少女たちに囲まれ、先輩には小嶋陽菜や篠田麻里子などといったモデルとして活躍するメンバーもいました。さらに、アイドル時代からローテンション・キャラであることが知られているため、ネット上では『あのぱるるをこんなにも興奮させる米倉涼子って一体……』と話題になり、主演を立てることに成功したようですね」(芸能関係者)

 米倉の初見での美貌に衝撃を受けた様子の島崎だが、今回の役では自身も初対面の相手を一目で魅了することが求められる“銀座のオンナ”を演じることとなった。役作りのため撮影前にはキャバクラや銀座のクラブで所作を学んできたとのことで、ファンの注目が集まっている。

「島崎が演じるのは、総資産200億円の大富豪・峰島恭介(竜雷太)が死亡する4時間前に婚姻届けを提出したため、遺産相続問題に巻き込まれてしまう銀座のホステス役。それ相応に説得力のある魅力が求められる上に、茨城から上京したばかりで訛りが抜けず、さらに昼間は看護師として働いている設定のため、難易度の高い役柄といえます。しかし、同ドラマは3話までの平均視聴率が16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と注目度が高いですから、見事に演じ切ることができれば一気に評価が上がり、主役級女優へとステップアップする大きなチャンスになることでしょう」(同)

 今回のインタビューでは、「それこそ魔性じゃないですけど“ミステリアスな女性”寄りの人になってモテたいです」と語った島崎。塩対応キャラから路線変更して主役級の女優へと出世なるか注目集まる。

島崎遥香、“米倉涼子に大興奮”でファンに衝撃! ミステリアス路線で主役級にステップアップなるか?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!