モーニング娘。の元メンバーでタレントの“ゴマキ”こと後藤真希が、26日に放送されたバラエティ&紀行番組『アナザースカイ』(日本テレビ系)にゲスト出演。アメリカ・ロサンゼルスでのロケVTRには2歳10カ月(撮影時)の長女・ココちゃんが顔出し出演し、天真爛漫な愛くるしい姿で視聴者の目を奪った。

 同番組は、“海外にある第2の故郷”や“憧れの地”をゲストが訪れ、そのVTRを改めてスタジオで見ながらトークを繰り広げるスタイルで進行。後藤は、2007年にハロー!プロジェクトを卒業後、どの事務所にも属さずにいた時期に訪れたロサンゼルスを思い出の地としてロケ先に選んだ。

「後藤は当時、芸能界からの引退を考えていたものの、2010年に他界した母親の強い勧めによって思い留まり、ロスで歌とダンスのレッスンに励んだとのこと。“母娘”の絆が導いた土地ということもあり、ココちゃんを帯同させたようですが、まさかの顔出しにネット上では驚きの声が相次いだようです。後藤は昨年3月に第2子・男児を出産しましたが、育児に一段落ついたのか、番組MCの今田耕司が『めっちゃ休んでて、また最近出てるイメージ』と指摘した通り、近々でのバラエティ番組出演が相次いでいるため、ネット上では、『ママタレ戦線に強烈な殴り込みをかけてきた』『ゴマキがごっそり仕事を奪ってしまいそう』などと、今後の活躍を予想する声も飛び交っているようです」(芸能関係者)

 同じくモーニング娘。の元メンバーの辻希美が、ブログ写真では子どもたちの顔にスタンプ加工を施すなど、たとえママタレとして活動していても子どもの顔出しNGの芸能人が多いだけに、ココちゃんの芸能界入りを目論んでいるのではないか、と憶測する声も少なくない。

「後藤はVTRの中盤あたりで、ココちゃんが“幸来”という漢字表記であることを明かしましたが、テロップをわざわざカタカタ表記にしたのは、今回の反響いかんによっては、ココの芸名でデビューさせようという胸算用が、もしかしたらあったのかもしれませんね。ロサンゼルスの街中ロケを楽しむ母娘の姿に対してネット上では、『画力が凄い』『このままCMが作れそう』などと評価は上々でしたから、いずれココちゃんの本格的な芸能界デビューの話が出てくる可能性もありそうです」

 インタビューでは、自身がデビューした13歳までにココちゃんが夢や目標を持つことを願い、それに対して全力でサポートしたい気持ちであることを明かした後藤。他のメンバーも含め、モーニング娘。の娘たちが芸能界で活躍する日がくるかもしれない。
 

後藤真希、長女の“顔出し共演”でママタレ戦線に殴り込み! ココちゃん芸能界デビューの可能性も?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!