驚きと心配が入り混じるニュースだ。

 人気グループ・King & Princeの岩橋玄樹が、11月初旬から芸能活動を一定期間休止することを、所属するジャニーズ事務所を通じ26日に発表した。その理由は、長年患ってきたパニック障害への治療の専念。12月6日より東京・帝国劇場で上演される『JOHNNY’S King & Prince IsLAND』(~19年1月27日)へは出演を見送られるかたちとなり、年末のライブシーズンを楽しみにしていたファンは複雑な心境となっている。

 事務所は岩橋のパニック障害について、幼少期より病と向き合いながら活動してきたと説明。そのうえで「岩橋を取り巻く環境が大きく変化したことでジャニーズJr.時代と比べ、心身のバランスを保つことが難しくなる局面もございました」と活動休止に至った要因を分析している。

 活動を継続しながらの治療については、心身への負担を考慮し避ける方向で岩橋本人と事務所、関係者で話し合い選択したそうで、岩橋本人もコメントを寄せ、「この度は僕のことでファンの皆さま、そして関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけいたしまして、本当に申し訳ありません」とお詫び。「しばらくの間お休みをいただくことになりますが、病を克服し、今よりもたくましい岩橋玄樹になって必ず戻ってきます」と決意を語っている。

 今年5月に「シンデレラガール」でCDデビュー、オリコン1位を果たすなど、ジャニーズの次世代スターとして注目を集めていたKing & Prince。ただ、その周囲から期待はプレッシャーとなり、メンバーにのしかかっていたことは岩橋の活動休止が物語っているようにも見える。20歳前後の若者たちである。周囲のサポートなしでは今後のグループ活動にも影響が出かねない。

 ジャニーズ事務所には、脱退に次ぐ脱退で順調に活動できなかったKAT-TUNという悲しい過去もある。ひとつのほころびが大きな問題につながることを教訓としていかし、前途あるKing & Princeを守ってほしい。

キンプリ岩橋玄樹が活動休止でちらつく、KAT-TUNの二の舞のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!