俳優の大鶴義丹が過去に選挙の出馬依頼を受けていた過去を語った。24日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で明かしたもので、オリエンタルラジオ・中田敦彦の参院選出馬報道を受けて、過去にある政党から電話がかかってきたが「いろんなホコリとか前科がある」と話すと、その場で電話を切られたエピソードを話した。

 選挙に出馬する芸能人は少なくない。特に参議院議員選挙は、候補者名でも投票ができる非拘束名簿方式が取られており、知名度がある人物が有利になるためだ。実際には出馬をしていないものの、どんな人に依頼が来るのだろうか。

「浅草キッドの水道橋博士は出馬打診を受けたことがあるそうです。江田憲司が母校の岡山大学教育学部附属中学校の先輩であったため、直々に依頼を受けたようですね。博士は政治家とのトークバラエティ番組『週刊アサ秘ジャーナル』(TBS系)の司会をつとめたほか、文筆活動でも活躍するインテリキャラですから政治家向きと判断されたのでしょう。江田は、博士の師匠のビートたけしにも話を通していたようで、かなり本気度は高かったといえるでしょう」(芸能ライター)

 さらに、あの名物キャスターも選挙に出そうででない人物である。

「辛坊治郎ですね。『そこまで言って委員会』(読売テレビ系)の司会を務めるなど関西圏では抜群の知名度を誇る人物です。ただ、出馬のタイミングで身内が病気になるなどしたため『期が熟していない』『これも運命』と受け止めて今のところ出馬はありません。もちろんこれからの動きによっては出馬可能性はありそうですね」(同)

 タレント候補は何かと批判にさらされやすいが、意外な人が出馬するにあたって話題性があるのは確かだろう。来年度の参院選には誰が出るのか気になるところだ。
(文=相川ナロウ)

大鶴義丹の“出馬依頼エピソード”が話題に……他にはどんな人が?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!