独立したのは失敗だったと、本人もようやく認めたということか。

 10月19日発売の『フライデー』が、“創作あーちすと”として活動するのんと大手芸能プ・レプロエンタテインメントが“和解”したと報じた。しかし、レプロはのんと面会したことは認めるも、「何ら解決には至っておりません」との見解を表明している。

「13年のNHK朝ドラ『あまちゃん』で大ブレイクしたのんでしたが、15年に所属事務所との契約問題が伝えられ、その後、事務所に無断で個人事務所を設立。関係がこじれたことで、本名である『能年玲奈』が名乗れなくなり改名。独立後は思うような芸能活動ができない状況が続いています。『フライデー』によると、来年のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に『あまちゃん』スタッフが集結し、脚本家の宮藤官九郎が彼女の出演を熱望しているといいます。出演するにはレプロとの“和解”は絶対条件。そのため、のんは詫びを入れ、再びレプロにマネジメントを依頼したようです」(芸能記者)

 また芸能関係者は、のんが「全面降伏」となった背景にはあの女優が影響していると指摘する。

「真木よう子ですよ。彼女も前事務所とはケンカ別れのような状態で独立。その前後には、コミケへの参加をぶち上げるも批判が殺到して取り止め騒動、自宅周辺での住民トラブル、ホストクラブ通いなどが報じられる始末。バックにきな臭い男性の存在も見え隠れしていたことから、一時は芸能界追放とも噂されていました。しかし、9月にレプロと契約するや、すぐにNHKドラマスペシャル『炎上弁護人』の主演が決定。お騒がせ女優をもねじ込むレプロの剛腕ぶりを見て、のんも個人活動に限界を感じ、詫びを入れることを決めたのではないでしょうか」

 思えば、同じく『あまちゃん』を機にブレイクした有村架純とは大きな差がついてしまったものだが、のんがかつての輝きを取り戻せる日は来るのだろうか。

能年玲奈がレプロに全面降伏は「NHKに真木よう子をゴリ押し」のせい?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!