38歳の山口紗弥加が芸歴24年で初主演となったドラマ『ブラックスキャンダル』(日本テレビ系)は、深夜の放送にもかかわらず、10月4日の初回平均視聴率は4.3%と好調発進となった。

 山口は番宣を兼ねて17日放送のバラエティ番組『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演。この日、番組ではお酒の入った女子会が開催され、山口はアスリートの性生活に興味津々の様子を見せ、盛り上がった勢いで自身の恋愛体験についても述懐していたという。

「山口は交際している男性とずっと2人きりでいられず、夜中にこっそりと帰ってしまったり、『付き合いきれない』とフラれたエピソードを披露。出演者から過去の大恋愛について聞かれると、『今までの恋愛は全部大恋愛』と明かしていました」(テレビ誌ライター)

 そんな山口の“大恋愛”と聞いて思い起こされるのが、Kinki Kidsの堂本剛との熱愛報道だろう。

「山口は01年に堂本とのお泊り愛を『FRIDAY』にスクープされています。2人は同じ堀越高校の同級生で、高3時の修学旅行をきっかけに友達から恋人になり交際期間は約4年だったとされています。山口は家族にも堂本を紹介済みだったようで、彼女の両親も2人が結婚することを望んでいたといいますが、ジャニーズ事務所が若手タレントの結婚を許すはずもなく、破局。Kinki Kidsが01年11月にリリースしたシングル『Hey! みんな元気かい?』のカップリング曲『愛のかたまり』の作詞は堂本が担当しているのですが、内容が過去に山口が語ったことと酷似しているとファンの間で話題となったものでした」(ベテラン芸能記者)

 現在も独身の2人、今後ドラマ顔負けの「スキャンダル」が発覚するかも?

山口紗弥加、番組での大恋愛告白で思い出されるKinKi Kids堂本剛との“4年愛”のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!