離婚裁判が報じられた川崎麻世とカイヤ夫妻がワイドショーを騒がせている。そこで思わぬ注目を集めてしまったのが鈴木奈々だ。

 10月13日に騒動後、初めてカイヤが公の場に現れた。デヴィ夫人が代表を務めるNPO法人アースエイドソサイティのパーティーである。その場に同席した鈴木が、カイヤが「次は外国人と結婚したい」と話していたと暴露した。これは、もちろんカイヤ一流のリップサービスであったが、鈴木の口を通して広く伝えられてしまった。

 驚くべきはパーティの出席者たちである。カイヤのほか、船越英一郎と泥沼の離婚裁判を繰り広げた松居一代や、日本ボクシング連盟の山根明元会長など、今年お騒がせの人物がそろって登場した。さらに、アンミカ、神田うの、石田純一、谷隼人、カルーセル麻紀、杉本彩など、“濃いメンツ”が大集合となった。

 これらの人物と対峙した鈴木のコミュ力に改めて注目が集まっている。ネット上では「鈴木奈々主演の2時間サスペンスドラマを観ているかのよう」「パーティの場においても、しっかりと鈴木が自分の仕事をこなした」といった声が聞こえる。もちろん「今一番デリケートな時期なんだから拡散するのはよくない」といった鈴木の行動をたしなめる声もある。ただ、大部分の反応は彼女の人柄ゆえに許しているようだ。

「鈴木奈々といえば、大物にも物怖じせずに絡んでゆく『失礼ながらも憎めないキャラ』でブレーク中です。かつては野沢直子らがになっていたポジションにうまくおさまっているといえるでしょう。一方で、中学時代の同級生と長期間の交際を経て結婚するなど一途なキャラクターも受けています。今回のパーティでは各出席者の秘密の話などもゲットしているのではないでしょうか。今後、バラエティ番組で共演するにあたってそうしたエピソードは重宝されそうですね」(放送作家)

 もはや何でもアリ状態ともいえる鈴木の快進撃は今しばらく続きそうだ。
(文=相川ナロウ)

川崎麻世&カイヤ夫妻の離婚騒動で、鈴木奈々のコミュ力に注目集まるのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!