ピコ太郎の“中の人”として知られるお笑い芸人の古坂大魔王が俳優デビューを果たす。28日放送の『下町ロケット』(TBS系)の第3話に出演する。大企業である帝国重工に勤務するキザなエリートサラリーマンを演じる。これは古坂自身のイメージとも重なる部分があるだろう。

「古坂大魔王といえば、芸人間ではその才能を高く評価されながらも、長らくブレークの機会がありませんでした。その理由のひとつとして芸人としてのプライドの高さがあげられます。営業先などで『つまらない』と野次った学生に『えっ? 今何て言った? つまんない? 君の方が面白いの? じゃあ面白いこと言って。3・2・1、はい、言えない』と煽るといった言動を取っていたようですね。そうした部分がとっつきづらさを与えてしまったのは確かでしょう。ただ、古坂は一時期、芸人を引退し音楽活動に専念していましたが、こちらは『中途半端はいけない』と決断してのことです。本人の生真面目な部分から出た行動ともいえます」(放送作家)

 だが、ピコ太郎のネタには神経質な要素は感じられず、いい塩梅でのユルさがある。今回の俳優業への挑戦も、ブレーク後の余裕が生み出したものといえるかもしれない。今後期待されるのが元相方との共演であろう。

「古坂大魔王が組んでいた底抜けAIR-LINEは、もともと3人組でした。『ボキャブラ天国』シリーズ(フジテレビ系)で人気が出始めたころに村島亮が脱退しています。村島は長身の古坂に対し、背が小さくかわいらしいルックスで女性人気も高い人物でした。脱退の理由としては俳優志向があったためで、現在は実際に俳優やナレーターとして活躍しています。村島は脱退後もファックスでボキャブラのネタを古坂に送っていたようですから、決して喧嘩別れというわけではないでしょう。元相方との共演にも期待したいところですね」(同)

 苦節20年のブレークを果たした古坂大魔王のさらなる活躍に期待したいところだ。
(文=相川ナロウ)

『下町ロケット』で俳優デビューの古坂大魔王、元相方との共演なるか?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!