チャンネルを変える視聴者が続出しているという。

 10月から『news zero』(日本テレビ系)のキャスターに元NHKアナの有働由美子が起用されると、初日の視聴率は10.0%を記録。しかし、3日目以降は右肩下がりとなり、12日には4.6%と有働体制でのワーストを記録している。

「有働と共に関心を集めていたのが、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の新キャスターとなった徳永有美です。こちらは加入後の視聴率は横ばいのままでしたが、ここにきて『news zero』から『報ステ』に視聴者が流れている傾向が見られるようです。その原因は有働のハシャギすぎ。バラエティ番組での下ネタ発言などタレントのような軽さが敬遠され、ニュースの信用性がなくなってきている。有働としては『よくあるニュース番組』にしたくないというこだわりがあるようですが、タモリとの対談や、落合陽一氏、GIMICO氏、大泉洋、矢部太郎、さらには、日テレ局員でトランスジェンダーを公表している谷生俊美氏といったゲストの顔ぶれもバラエティ色を強めています。有働は政治ネタや事件など硬いネタに苦手意識があるとされ、硬派なニュースが観たい視聴者が離れるのは仕方ないとして、それ以上に新規視聴者を取り込めるかが今後のカギでしょう」(テレビ誌編集者)

 当の有働はやる気に満ち溢れ、打ち合わせの開始は22時にもかかわらず、17時に出社し、準備に余念がないようだが…。

「スタッフとの決起集会では、『夜もダラダラとワキ汗を出していきます』と宣言。NHK時代にはぐっしょり濡れたワキが話題になったものですが、本人はどんなことでも話題にしてきたい気構えです」(テレビ関係者)

 禁断の「ワキ汗エロス」で、『報ステ』に流れる視聴者を引き戻すことができるだろうか。

苦戦の有働由美子、「ワキ汗エロス」で『報ステ』へ流れた視聴者を取り戻せるか?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!