剛力彩芽との熱愛、プライベートジェットの内装はエルメス、「野球球団を持ちたい」と発言、さらに9月17日には、なんと2023年に月旅行に行くことを目指すと発表したり、10月1日にはパリ市内でサッカー元イングランド代表のデビッド・ベッカムと初対面するなど、とにかく話題には事欠かないのが、ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』の前澤友作社長だ。

 ZOZOTOENは百貨店やアパレル販売店の不振をしり目に、年会670万人以上が同サイトで服を買うほど大盛況。業績は10年連続の増収増益中で営業利益はすでに三越伊勢丹ホールディングスを抜くほどまでに成長している。

 そんな前澤氏の手腕の一端を経済誌ライターが語る。

「2015年に前澤社長の発案で、ZOZOTOWNの10周年を記念してサプライズで商品を0円で販売するという企画を実施したことがあった。ある日、洋服の価格が0円になる。そうすると、最初は『エラーが起きている』と勘違いされたものの、そのうちにSNSで拡散されて話題を呼び、ヤフーニュースのトップに掲載されて、瞬く間にZOZOTOWNの話題一色となった。もちろん、商品を0円で販売することはかなりのリスクですが、それ以上のプロモーション効果を得ることがわかっていたのでしょう」

 また別のビジネス誌ライターもこう言って舌を巻く。

「とにかく、やるときも止めるときも決断が早いうえに、部下に責任を押し付けることをしない。初めてのファッション展示会に客が来るか不安を感じている社員に、『もし商品が買われなかったら、俺が全部勝ってやる』と言って、運営の士気も上がり、無事にイベントも成功したそうです」

 他にも、指示はLINEで行う、社員の給料とボーナスは皆横並び、6時間勤務体制など、異色な社風を作り上げてきた前澤社長。パリに同行した剛力は、前澤社長の落札した123億円のバスキア作品と対面したようだが、改めて彼氏の凄さを実感したことだろう。

前澤友作社長、パリでベッカムと初対面! その経営手腕はやっぱり凄かった!!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!