乃木坂46の人気メンバー・西野七瀬の年内卒業が発表された。また、NMB48のエース・山本彩も10月27日に卒業コンサートを行うことを発表しており、その“幕引き”に注目が集まっている。

 そんな中、昨年4月にAKB48を卒業した“こじはる”こと小嶋陽菜が再評価されている。卒業コンサートは演出から衣装まですべて自ら手掛け、開催日をもう一つの愛称である“にゃんにゃん”もちなんだ「にゃんにゃんの日(2月22日)」にしたというのも小嶋の粋な計らいだった。

「前田敦子ら初期メンバーが続々と卒業する中、小嶋のXデーにも注目が集まっていましたが、14年の選抜総選挙では『ここで卒業発表しようと思いましたが、しませーん』と発言。先にスポーツ紙に卒業をスッパ抜かれたことで、宣言するのを止めたと明かしています」(アイドル誌ライター)

 そんなプロ意識の高い小嶋だが、アイドル活動以外にモデル活動も積極的にこなし、そのマシュマロボディは男性ばかりか女性までも「お手本にしたい」と虜にしたものだった。

「続々と一期生が卒業した頃は彼女も悩んでいました。ただ、その頃は方向性が定まっていないと自覚していたのでしょう。周囲には『卒業するためには、もっとモデルの仕事を増やしたい』と語り、グラビアも積極的に引き受けたことで、ナイスバディという代名詞をものにしました。トレーニングもムキムキになり過ぎないよう情勢らしさを残すことにこだわり、裏ではストイックに肉体管理をしていたといいます。対して、西野も山本も卒業後の活動を見据えて個人活動の幅を広げている様子がない。このままでは、卒業コンサートがピークだったなんてことになってもおかしくありません」(前出・アイドル誌ライター)

 交際が噂されているIT社長との結婚が現実となれば、アイドル後の人生も彼女の思い通りのシナリオになりそうだ。

乃木坂・西野七瀬、NMB48・山本彩の卒業決定で再評価される「小嶋陽菜のアイドル人生」の“幕引きのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!