あれ?こんな場面あったか!? 時間にして10数秒の違いだが、ファンは大喜びだ。欅坂46・平手友梨奈が出演しているヤクルト「ミルミル」CMのメイキング動画のことだ。
CMでは広大な砂漠にポツリと1人真っ白な衣装を着た平手が登場し、ミルミルを飲みながら、しっかりカメラを見つめながら「はじめよう」「美しく生きろ」と訴える。ファンでなくても一度は目にしたことがあるのではないだろうか。

「撮影ロケ地は灼熱の白い砂漠地帯、アメリカのニューメキシコ州、ホワイトサンズ・ナショナルモニュメント。ネット媒体ではCMメイキング映像が配信されていましたが、ヤクルト公式のメイキング映像はそれとは微妙に違っているんです」(アイドル誌ライター)

 その公開されていない場面が「神シーン」だと話題を呼んでいるという。このアイドル誌ライターが続ける。

「最近の平手は笑顔を見せず、クールで孤高のカリスマというイメージ戦略を取っており、ミルミルのCMでもそれは同じです。しかしヤクルト公式版では、平手がウインクピースしておどけたり、笑ってはいけないコンセプトなのに『笑っちゃう~』と言いながら、ニヤケ顔が止まらなくなってしまっている姿が収録されており、テレビでは見られない自然体の笑顔が満載。ネット上では『キャロい!』(=平手可愛いという意味のファン用語)という単語が連打されています」

 映像を観た平手ファンからは「こんなニコニコてっちゃん表に出るの珍しくない?」「なんだよ、この可愛さは」「運営よ、いい加減てちの自然な笑顔を沢山使ってくれーい」「陰気なカリスマを装うのは本当に止めてほしい」との声が聞かれるが、“アイドル路線”でも平手は十分やっていけそうだ。

欅坂46・平手友梨奈がウインクピース! 笑顔満載のCMメイキング動画にファンが歓喜のページです。エンタMEGAは、アイドルの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!