元NHKアナウンサーの有働由美子が、10月1日に放送された(日本テレビ系)に新メインキャスターとして初登場。同放送は平均視聴率10.0%を記録し、有働に対する視聴者の期待が現れる数字となった。

 新体制となった同放送では有働が1人で登場して一礼し、「どうも、こんばんは。初めまして、有働由美子と申します」と挨拶。同日にノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑氏の話題を持ち出し、「本庶さん、おめでとうございます!」と祝福している。

 続けて“日本人のノーベル賞受賞”を初日から報せられる喜びを語ろうとした有働だったが、「ありがとう、は変だな。えっと、ずみません」としどろもどろに。さらに「わたくし」という言葉すら噛んでしまい、さすがの有働も初日のプレッシャーに圧されてしまったようす。気を取り直した有働は、「世の中いろいろ動いていて、何が正しいのか、どういう価値観でニュースを見ていったらいいのか正直自信がありません」と率直にコメント。視聴者に向けて、ニュースや世の中に関する考えを番組に届けてほしいと呼びかけた。

「噛みまくりとなった有働ですが、前体制から引き続きキャスターを務める嵐・櫻井翔を呼び込むと緊張が和らいだ表情を見せました。しかし、櫻井から『(直前の)CMにそわそわしすぎですよ!』『緊張してるのかなと思ったらCM見ちゃってそっちに気を取られちゃってるじゃないですか』といきなり指摘が飛ぶことに。有働は『これどう“受け”るんだろうと思って』と、『あさイチ』(NHK)司会時代の“朝ドラ受け”を思わせるコメントを返し、『CMは受けなくて大丈夫ですから!』とツッコミを受けています」(芸能ライター)

 初日を迎えた有働のキャスターぶりに、ネット上では「いきなり噛んでたけど櫻井君との絡みに思わず笑ってしまったwww」「緊張するのは仕方がない。これからどんどん持ち味を出していってほしい!」「有働さんの明るさがニュース番組にはありがたい」といった声が続出。また有働は『news zero』を挟み、同日の『人生が変わる1分間の深イイ話』『月曜から夜ふかし』と日本テレビのバラエティに連続出演して視聴者を楽しませている。

「生放送となった『月曜から夜ふかし』では、プライベートでも交流があるマツコ・デラックスと共演しました。『news zero』後で緊張が解けたのかトークも饒舌で、マツコと関ジャニ∞・村上信五による“自慰行為”を絡めた下ネタトークにまで参戦。有働が『もしウドニー(有働を見て自慰行為すること)をして下さる方がいたらホントにすごいことですよね』『それはすごいでしょ、49(歳)よ?』とまさかの発言をして、マツコと村上を爆笑させています」(同)

 キャスターとしての仕事ぶりも楽しみだが、NHKを離れ“本性”をさらけ出せるようになった有働のトーク力にも期待したい。

『news zero』新キャスター・有働由美子、NHKを離れてさらに進化? 下ネタにもグイグイ食いつくのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!