「ここまで変わるか…」

“丸くなった”沢尻エリカを見た報道陣から、こんな声が漏れたという。

 まずは9月20日に都内で行われた映画『億男』(10月19日公開)の完成披露試写会に胸元が大きく開いたスモーキーピンクのドレスで登場。その露出に報道陣も目がクギ付けになっていたという。

 壇上では、3億円の宝くじが当選し人生をやり直そうとする矢先、そのお金を親友に持ち逃げされるという主人公にちなみ、今まで経験したラッキーだった出来事、アンラッキーだった出来事を登壇者全員が発表する流れに。

「沢尻が回答に悩んでいると、主演の佐藤健が『その顔に生まれてきたことって言えばいいんじゃない?』とイジるシーンがありました。沢尻は照れ笑いを浮かべながら『うまいね。さすが、ありがとう』と感謝していましたが、その場にいた記者たちは『昔ならありえない』と驚いていましたよ」(芸能関係者)

 続く22日には、小泉今日子主演の映画『食べる女』の公開記念舞台あいさつに出席。映画のタイトルにちなみ、自身を「○○の女」でたとえる質問に小泉が「ツナグ女」と回答したことを受け、横にいた沢尻は「ついていきたいです。役者としても人としても大先輩なので学ばせてもらえたら」と、「舎弟」宣言までして見せた。

「豊原功補との不倫を堂々とカミングアウトした小泉と、かつて『別に…』騒動を起こした沢尻。ともにとんがりキャラだっただけに意気投合する部分も多いのでしょう。小泉は飯島直子、米倉涼子、長澤まさみ、榮倉奈々らが集う『小泉会』を率いることで知られており、沢尻も晴れて入会となるかもしれません」(前出・芸能関係者)

 トゲがなくなったことで、沢尻の元には続々とオファーが届いている模様。それこそが「ラッキー」なことかもしれない。

「イジられキャラ」「舎沢宣言」…“丸くなった”沢尻エリカの好感度がうなぎ上りのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!