女優で歌手の“ともちん”こと板野友美が、先月28日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)で熱愛疑惑を報じられた。ファンに衝撃を与える一方、スターらしく常に周囲に気を張る姿に驚きと称賛の声が集まった。

「板野がスクープされたお相手は、かつて女優の夏菜ともウワサになったことがある、人気ブランド『GOD SELECTION XXX』を手掛けるデザイナーの宮崎泰成氏でした。記事のトップには『神セブンと呼ばれた元国民的アイドルは、デート姿もセクシーだった』との文字が躍るのですが、その言葉通り、白のノースリーブを着用した上半身は露出が多く、写真からでも色気が伝わってきます。さらに、その目線はしっかりカメラを捉えているようにも見え、『スターの本能でカメラの気配を察知したのかな?』『盗み撮りのはずなのに、隙がない。まるで、カメラの位置を把握しているよう。売れっ子はオフでも油断を見せない習慣ができてるんだな』などと、絶賛の声が相次いだようです」(芸能関係者)

 今回、自身のマンションでのお泊り愛を報じられた板野だが、その後、事務所を通じて宮崎氏とは友人関係にすぎないと発表。しかし、現在27歳という年齢や、AKB48時代の同期で、ともに“初代神7”と呼ばれた前田敦子が今年7月、俳優・勝地涼と結婚したとあって、「ともちんもそろそろ結婚するのでは?」と憶測する声は少なくない。

「“初代神7”は、AKB48選抜総選挙の第1・2回大会で7位以内にランクインした、前田、大島優子、篠田麻里子、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜、板野の7名のことを指します。今はそれぞれ個人で活動し、すぐ身近で切磋琢磨する関係ではなくなりましたが、互いのことは少なからず意識し合っていることでしょう。今号の「FRIDAY」では、小嶋とDMMグループ子会社・ピックアップの代表取締役・宮本拓氏のデートも報じられていましたし、前田の結婚をきっかけに今後、初代神7の結婚ラッシュが始まるかもしれませんね」(同)

 板野は以前、自身がプロデュースするウエディングブランド『Petit Tomo(ペティトモ)』のイベントで、「仕事が一段落したら結婚したいと思います」と発言していたが、ファンにとってのXデーはもうすぐなのかもしれない。

板野友美、熱愛スクープ“カメラ目線”に「さすが!」と絶賛の声 AKB48・初代神7の結婚ラッシュ開始?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!