映画『食べる女』の公開記念舞台挨拶が9月22日に行われ、主演の小泉今日子らキャストと共に壇蜜が登壇した。

 同作は、8人の女たちの日常を料理と性を通して描く群像劇。壇蜜の起用は、まさにピッタリと言えそうだ。

 しかし、壇蜜といえばプライベートではこれまで浮いた話がいっさい聞こえてこない。しかし、写真誌の目をかいくぐって“つまみ食い”をしていたようだ。

「今年6月発売の『週刊アサヒ芸能』でテリー伊藤と対談した際、帰宅途中などで逆ナンパしていることを明かしていました。壇蜜だと気づいて喜ぶような人はダメで、ポカンとするような人が狙い目だとか。それで何回か会って気が合ったら家に呼び、今まで2、3人は来ているそう。これにはテリーも『有名人なのに……』と驚いていましたね」(芸能記者)

 しかし、最近はまったく男を家に連れ込めなくなっているという。その理由を芸能関係者が明かす。

「壇蜜は家に猫と熱帯魚を飼っているのですが、そこにナマズと小鳥、そして蛇が加わったそうです。4メートルの白蛇と悩んだ末に、ピンク色の蛇にしたそうで、今はまだ子供のようですが、大きくなると2メートルにまで成長するとか。餌は冷凍ねずみで、それを解凍して食べさせている。この話を聞いた男性は皆ドン引きするといい、家に呼べなくなってしまったのだそうです」

 一般人でも壇蜜と共にできる可能性があるのは夢のある話。彼女には、まだまだ「男を食べる女」でいてもらいたいものだ。

「食べる女」壇蜜が逆ナンした男を自宅に連れ込めなくなった意外な理由のページです。エンタMEGAは、エンタメ映画の最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!