タレントの木村拓哉が、23日にネット配信されたロケ番組『木村さ~~ん!#8』(Gyao!)において、ファミリーレストラン『ガスト』に来店。「あのキムタクがファミレスに!?」「どこにいても画になるなぁ」などと、ネット上を騒然とさせた。

 同番組は、ラジオ番組『木村拓哉 Flow』(TOKYO FM)と無料動画配信サービス・GYAO!との連動企画として、先月5日からスタート。木村がリスナーからの要望に応えるスタイルで進行し、これまでの配信では納豆ご飯やチキンラーメンを食したり、昆虫の自由研究に挑戦したりと、親近感あふれる姿を見せ話題を呼んでいる。

「前回、釣り堀に出かけ、釣った魚(ポイント)との引き換えで『うまい棒』を大量にゲットした木村。今回は、その戦利品をスタッフたちに『これ、後でみんなで食べて』と大盤振る舞いするところからスタートしました。そして、リスナーからのリクエストによって、ガスト・杉並和泉店に入店。番組カメラマンから、『(原液と炭酸とシロップの配合比率が)最高です』と勧められたコーラを口にして、『ほんとだ、うまい』と笑みをこぼし、注文したメニューもことごとく絶賛。ネット上では、『今すぐガストに行きたくなる』『やっぱりスターはどこへ行っても訴求力抜群だな』などと称賛の声が飛び交ったようです」(芸能関係者)

『若鶏の竜田揚げダブル おろしポン酢』699円(税抜)や『チーズInハンバーグ』599円(同)に舌鼓を打ち、すっかり庶民派アピールに成功した木村。その一方、20日には、長髪をなびかせスター然としていた、1997年に放送された主演ドラマ『ギフト』(フジテレビ系)のソフト化が発表され、ファンを喜ばせることとなった。

「その前年に放送されたドラマ『ロングバケーション』(同)の全話平均視聴率が29.6%(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)を記録するなど、この頃まさに木村にとって絶頂期。まさか20年後、ファミレスでコーラを飲む姿を見せるなど誰も想像できなかったことでしょう。そんな栄華期に放送された『ギフト』ですが、ドラマ中で木村がバタフライナイフを巧みに操る姿に感化された、当時13歳の男子が98年に刺殺事件を起こしたため、再放送やDVD化は見送られていました。それだけに待ち望んだファンは歓喜したようですね。ただ、同ドラマの第7話には、草なぎ剛が数秒だけ登場するシーンがあり、『事務所NGかな?』『カットされちゃう?』などと心配する声も飛び交っているようです」(同)

 草なぎは、同時期に放送されていた主演ドラマ『いいひと。』(同)の役で出演。自転車で急ぐ木村と衝突しそうになる、という一瞬のクロスオーバー・シーンだった。ストーリー上でいえば一切重要なシーンではなく、SMAP解散&退所でジャニーズ事務所と揉めただけにカットが妥当か、果たして……。

木村拓哉、ガスト来店で庶民派アピール成功 ドラマ『ギフト』ソフト化も草なぎ剛の出演シーンはカット?のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!