擁護の声はあるものの、アイドルファンたちは“何事もなかったように”とは行かない気配だ。

 写真週刊誌「フライデー」(10月5日号)で淫行疑惑が報じられた、お笑いコンビ『バナナマン』の日村勇紀が、9月22日深夜放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)に出演。バナナマンの2人は、11年に始まった前身番組『乃木坂って、どこ?』以来MCを務めており、「公式お兄ちゃん」の異名も持つ。17年のNHK紅白では、日村演じる「ヒム子」と乃木坂46のコラボも話題になったことも。しかしこの日の内容には、乃木坂ファンたちは複雑な思いだったようだ。

「今回は全国ツアーの宮城公演が行われるライブ会場の裏側にバナナマンが潜入。事前収録ですが、トレーナールームでマッサージを受けているメンバーに日村が『やってあげようか』と言って画面に『日村ハラスメント』の文字が躍るというアブナイ場面が放送されました」(テレビ誌ライター)

 これを観た視聴者からは、「マッサージのところは笑えない」「タイミング悪すぎ」「ドン引きした」「なんで放送したのかテレ東に苦情メール出した」といった声が連打されている。アイドル誌編集者も顔を潜めて言う。

「たった一日で日村と乃木坂の相性は最悪になってしまいましたね。顔はキモイけど根はいいやつが売りだったのに中身もキモかったのでは、もうハラスメントネタなどは笑いに昇華できないのでは」

 16年前のことで法律上はセーフとはいえ、やはり代償は大きかったようだ。

笑えない!バナナマン・日村、乃木坂46メンバーへのセクハラ口撃にファンドン引きのページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!