「ニュースの価値」がわからず、ネット上では戸惑いの声が溢れているようだ。

 9月20日、4人組バンド『SEKAI NO OWARI』のDJ LOVEとタレントの浦えりかが結婚したことが発表された。2016年に写真週刊誌で焼肉デートを報じられた2人だが、交際2年半でのゴールインにファンからは祝福コメントが寄せられている。ところが、ネット民たちの反応は微妙なようだ。

「言うまでもなく、SEKAI NO OWARIは『NHK紅白歌合戦』に2014年から4年連続で出場している人気グループ。しかし、ボーカルのFukaseやリーダーのNakajin、紅一点のSaoriの顔は浮かぶものの、DJ LOVEはピエロの仮面をかぶっているので誰も素顔を知らない。また浦のほうは、B85・W57・H87のプロポーションを売りにグラドルとして活動した後、2008年には男装アイドルグループ・風男塾のメンバー(青明寺浦正)としてデビュー。17年3月にグループを卒業後には女子プロレスラーとして活躍しているものの、一般知名度はほぼ皆無。そのため、『顔がわからない人と誰かわからない人おめでとう』というコメントが飛び交っています」(芸能ライター)

 しかし、浦が所属した風男塾には、あの大御所タレントから称賛されて脚光を浴びた黄金時代がある。アイドル誌ライターが言う。

「同グループははなわがプロデュース。『腐男塾』名義だった2010年にリリースしたシングル『同じ時代に生まれた若者たち』は、『とくダネ!』でPVを流しながら小倉智昭が『今を生きる若者たちに聴いて欲しいし歌って欲しい曲』と大絶賛。小倉はブログでも猛プッシュし、その影響でGoogle急上昇ワードで1位まで登り詰め、所属レコード会社のアーティストページはつながりにくい状態に。ネットショップのCDも売り切れになり、オリコンのデイリーチャート1位を獲得しています」

 当時のアイドルファンからは「名曲」認定されており、気になった向きはぜひ聴いてみていただきたい。

小倉智昭が大絶賛!『セカオワ』と結婚した浦えりかが最も脚光を浴びた名曲のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!