突然の告白記事に、本人は「アンビリバボー」な心境だったのではないだろうか。
9月21日発売の「FRIDAY:にバナナマン・日村勇紀の下半身スキャンダルが掲載された。記事によると、日村は過去に当時16歳だった少女と「行為」を重ね、「飲酒も勧めていた」というのだ。

「告発した女性は、02年に21歳だと年齢を偽ってファンレターを出し、日村と連絡を取るようになった。彼女はメールを始めてすぐに16歳だと実年齢を打ち明けたそうですが、『10代でもかまわない』と日村は返し、名古屋で初対面。飲食店では飲酒を勧め、その後ホテルで行為に及んだとのこと。以降も、地方営業で来るたびにカラダの関係を持ち、やがて女性が東京に引っ越すと、日村は彼女の部屋に入り浸るようになったといいます」(芸能記者)

 2人が出会ったのは16年も前のこと。淫行条例の公訴時効は3年で罰則は適用されないものの、昨今は未成年女性との行為や飲酒には厳しいご時世だけに、今後の仕事に影響する可能性もありそうだが、そんな日村に警鐘を鳴らしていた男がいたという。芸能ライターが言う。

「手相芸人の島田秀平ですよ。ここ10年間、彼が毎年1月にラジオ番組『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』に出演して、バナナマンの運勢を占うのがお約束となっている。これまでに、『ノンストップ!』(フジテレビ系)レギュラー(設楽統)、『NHK紅白歌合戦』の副音声司会(バナナマン2人)、手術(日村勇紀)も当てられたとのこと。そして、今年は日村とフリーアナ・神田愛花の結婚も的中させているのですが、占いの中には『ハニートラップに要注意』という忠告もしていた。それを聞いた日村は『こえぇー!』と漏らしていたものの、最近は品行方正な生活を送っていたのか、特に危機感を募らせることなくこの話題をスルー。まさか16年も昔のことが今さら掘り起こされるとは思ってもいなかったでしょう」

 日村にとっては災難だが、島田によるバナナマンの運勢は「守られた1年になる」とのことで、日村自身についても「日村無双」「芸能界日村席巻」との相が出ているというから、今回のスキャンダルも無難に切り抜けられるのではないか。

バナナマン・日村勇紀のスキャンダルを的中させた手相芸人・島田秀平がスゴすぎ!のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!