バナナマン・日村勇紀16年前の未成年淫行報道のダメージは?「なぜ今になって……」の画像1

 バナナマン・日村勇紀の“未成年淫行”が、9月21日発売の「フライデー」(講談社)で報じられている。

 同誌によると、16年前に当時16歳だった女性がファンレターを通じて、日村とメールのやり取りをするうちに、“セフレ関係”に発展したという。当初、女性は成人を装っていたが、実年齢を明かしても、日村は気にすることなく、当時彼が住んでいた下北沢のマンションで半同棲のような形を取りながら、肉体関係を持ち続けた、としている。

「日村も過去の過ちを認める旨の謝罪コメントを出しているので、どうやら事実であることは間違いないようです。しかし、なぜ16年後の今になって、こんな報道が飛び出すのかという疑問は残ります。そんなこともあってか、世間の反応も日村に同情的です」(週刊誌記者)

 もちろん、いくら過去の話であろうと、未成年淫行が許されるはずがない。今回の報道によって、日村の好感度が下がってしまうことは、多少なりとも避けられないだろう。

「バナナマンはレギュラー7本を抱える一方で、単体でも設楽統が帯の情報番組のMCを務め、日村もピンでバラエティ番組に出演するなど、当代随一と言っていい売れっ子。設楽の仕切りの上手さや日村の芸人としてのパフォーマンスの高さが人気につながっているのは言うまでもありませんが、そのベースにあるのは好感度の高さ。コンビ仲もいいし、2人の言動がネットで炎上するようなこともありません。特に日村は不細工だのキモいだのと言われますが、実際にはロケ番組などを通して一般からも人柄のよさが称賛されています。それだけに昔の話だとはいえ、今回の報道は痛いと思いますよ」(同)

 設楽がMCを務める『ノンストップ!』(フジテレビ系)では、日村のスキャンダルをどう扱うのか注目されたが、この日はスルー。しかし、設楽の目の下にはクマがありありと目立ち、スキャンダルによる苦悩の深さを感じさせた。

「今は日村擁護の雰囲気ですが、世間の風向きなんてどうなるかわかりません。16年前はバナナマンがブレークする前で、当時は時間もあったせいか、仲のいいおぎやはぎの小木博明やアンジャッシュの児嶋一哉らと合コンに明け暮れていた時期。この種のスキャンダルが他にも飛び出したら、さすがにアウトでしょう」(同)

 現段階では、日村が番組出演を自粛する予定はない。しかし、未成年淫行が明らかになった今、日村が出演する番組がやりづらくなったのは間違いないだろう。ピンで出演する『青春高校3年C組』(テレビ東京系)は、出演者の多くが高校生だ。コンビでMCを務める『乃木坂工場中』(テレビ東京系)にしても、中高校生の乃木坂メンバーもいるし、何よりも淫行疑惑の芸人がアイドル番組のMCに相応しいのかというイメージの問題もある。一般人と触れ合う機会が多い『バナナマンのせっかくグルメ!!』(TBS系)でも、人々の日村を見る目も変わってくるだろう。

 それだけに、日村としては単に謝罪コメントを出すだけでなく、今後の対応がバナナマンの浮沈に関わると言える。その意味では、『ノンストップ!』でのスルーは世間の反感を招きかねない。まずは、今晩放送の『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)で、今回の事態を2人がどう説明するのか注目されるところだが……。

バナナマン・日村勇紀“16年前の未成年淫行”報道のダメージは?「なぜ今になって……」のページです。エンタMEGAは、エンタメの最新ニュースをいち早くお届けします。芸能ニュースの真相に迫るならエンタMEGAへ!